日程固定旅行
9月15日(土)開催

毎日が祭り? 掃除が命? 一日見習神主になって神道の基本を修める
- 神主になる旅 -


予約できません

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

稲毛神社

神奈川県川崎市にお宮を構える稲毛神社は
武勇の神である武甕槌神 (たけみかつちのかみ)が祀られている神社で、
社殿の中には小泉純一郎元総理の扁額もあります。
創建の年代は明らかではありませんが、境内の大銀杏が樹齢1千年と推定されることから
古のころに創建されていたと考えられております。
8月2日に開かれる例祭は「川崎山王まつり」と呼ばれ、大きな賑わいを見せています。
プランナー:内田靖之

こんな人にピッタリ!

神道に興味がある
とにかく神主さん姿になりたい
神聖な気持ちになってみたい
日本全国に8万社もあるという神社。最近は「パワースポット」として形容されることも多く、中高年の方はもちろん、若い女性の方々まで多くの注目を集めています。

神社の存在は、普段から強く意識することはありませんが、初詣、お宮参り、七五三に厄祓など、私達の生活に深く溶け込み、節目節目で重要な役割を果たす存在です。そんな神社の中で「神に奉仕する」のが神主のお仕事です。

この旅で訪問するのは神奈川県川崎市にお宮を構える稲毛神社。そこで仕える神主さん密着しながら、神主としての1日を体験して頂きます。実際の仕事を通して、神社への理解を深めるとともに、日本人の心を感じてください。

◆ココがミドコロ!
旅ではまず神道の基本を学びます。今までなんとなく捉えていた、神社とお寺の違いや祭りの意味のお話は、新たな魅力や驚きに満ちています。また、旅の最後に神主の正装に着替えることで、凛とした気持ちになる旅です。
続きを見る

神主の仕事とは

神主の仕事は神様に奉仕をすること。なかでも境内を清潔に保つために行われる掃除は重要とされていて、掃除そのものが神事(お祓い)の一種と考えられているほどです。神主の仕事は「掃除に始まり掃除に終わる」といっても過言ではありません。

そのほか神様のお食事をはじめとする、身の回りのお世話を行うのも大切な仕事で、毎日欠かす事が出来ません。また、祈願者の依頼を受けご祈祷を行うことなど、神と人とを結ぶことも重要な役目です。

仕事の内容から公的な職業という認識を持ちやすいため、公務員のようなイメージを持たれることも多いですが、実際は神社本庁という宗教法人に属した民間のお仕事になります。そのため収入は、日々のお賽銭や祈祷料、お守りなどの初穂料(はつほりょう)から得ています。

毎日が祭り

神社では年間を通して、さまざまなお祭りが行われます。稲毛神社では年に3回、大祭と呼ばれる主要なお祭りが行われます。2月に行う五穀豊穣などを祈る祈年祭(きねんさい)、11月に行う収穫を感謝する新嘗祭(にいなめさい)、そして、8月には稲毛神社の主祭神である武甕槌神 (たけみかつちのかみ)に由来する例祭(れいさい)が行われ、その期間は多くの方で賑わいます。

その他、毎月行われる月次祭(つきなみさい)や、毎日行われる御日供祭(おにっくさい)など神様へお供えをするための祭りが頻繁に行われています。

なかでも御日供祭は毎朝行われていて、神様へのお食事として米、酒、野菜、果物などのお供えを行い、国の繁栄と氏子と呼ばれる周辺住民の繁栄をお祈りします。

この旅では御日供祭・月次祭に参列させて頂き、日々のお祭りの仕事がどのように行われているのかを、間近で見学させて頂きます。

神主の仕事を隅々まで

日本全国に神社は8万社ありますが、神主の数は2万人ほどで、ほとんどの神主は複数の神社を兼務されています。

神主になるには、東京の國學院大學か伊勢の皇學館大学で、神職課程を学び、神職の資格を得た後、全国の神社に就職するのが一般的です。親の神職を継ぐ場合も多いですが、普通の家庭から神主に就かれる方も多く、女性で神職に就かれる方もいらっしゃいます。

この旅では見習い神主として、袴姿に着替えた後、毎朝の御日供祭の見学から紙垂(しで)作りのお手伝いといった神主の日々の仕事を体験させて頂きます。

また、神主として働く上で、日本人として知っておきたい、神道の基本を神主さんより教えて頂きます。平均的な日本人には神道的な価値観が備わっていると言います。この旅を通して、神社と神道を知ることで、生活に深く溶け込んでいる存在でありながら、今まで知らなかった神道の世界を体感してください。

体験スケジュールおよび内容

時間行程体験内容
7:00 稲毛神社社務所 集合
7:05オリエンテーション1)自己紹介(参加目的など)
2)着装(白衣・袴を着用)
3)体験の流れ説明/注意事項説明
4)参拝の手順について
7:30仕事の見学1)御日供祭の見学
2)御日供祭の説明
7:45仕事体験1)境内見学
2)境内の掃除
3)朝食
4)資料の閲覧
9:00仕事の見学1)月次祭の見学
2)月次祭の説明
9:30仕事体験1)境内の掃除
10:30仕事の説明1)神社の基礎知識
 ・神社・神道概論
2)神職の基礎知識
3)稲毛神社の説明など
12:00昼食休憩1)神主の仕事の考え方(醍醐味やこだわり・大切にしていること)
2)昼食後は自由時間(境内散策など)
13:00仕事体験1)紙垂作りのお手伝いなど
*当日の作業によって変更があります。
14:00記念撮影1)正装への着替え
2)記念撮影
14:45仕事体験1)感想の共有・質疑応答
15:00仕事旅行終了!

*当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承下さい。

開催概要

定員: 3名

最少催行人数について

時間: 07:00〜15:00 8時間00分

締切: 催行日3日前締切

場所: 稲毛神社
神奈川県川崎市川崎区宮本町7-7
044-222-4554

地図を表示

予約できません

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人はこんな旅にも参加しています

体験者の声


女性 たまき

清められました
神主さんとしてのお仕事への価値観や毎日の業務、それに対する思いや一般の方々には知られていない様々な深いことを学ばせていただき大変有意義でした。モノへこめられた日本人の思いを感じ、日本に住んでて良かったなぁ〜と思わずにいられませんでした。神主さんはどなたも素敵な方で、こうやって日々日本文化の核を守ってくれているんだなぁと深く感銘を受けました。毎日のお務めだと色々苦労もあると思いますが、とても素敵なお仕事だと思いました。これからも日本人としてなにかしらの形で支えられたらいいなぁと思います。ありがとうございました。

男性 たっきー

新鮮な体験でした。
私は神社とは全く関係のない理系の技術職をやっています。そのため、今回の体験では新鮮で新たな発見が多かったです。あまり今まで聞くことがなかった神道の考え方や御日供祭等の祭りでの1つ1つの作法の意味まで本当に深いところまで学ぶことができました。まだまだ知りたいことも多いので、神道の予習をやり直してもう一度参加してみたいです。

男性 T

祭りの意味がわかりました。(頭ではなく身体で)
稲毛神社様 先日は、大変お世話になりました。 外からでは知り得ない神職のお仕事。 それを実際、内側から体験できたのは、 貴重な経験となりました。 本来の"祭り"とは、 「神さまをお祀りすること」 「国の繁栄を願い、祈りを捧げる儀式である」 ということ。 そのため毎日、朝7時に御日供祭(おにっくさい) と呼ばれる儀式を執り行っていること。 その核心の部分に触れられたことで(さわり程度かもしれませんが)、神道への理解が深まった気がします。 座学では、日本人のルーツや特徴をユーモアを交え、大変分かりやすく教えていただきました。 ぜひ今後、学校教育にも取り入れてほしいです。 また、神職の仕事としての大変さも語っていただき、勉強になりました。 他にも紙垂(しで)作りや掃除。正装コスプレに至るまで、何一つ無駄なものはありませんでした。 心を込めて毎日続けること。 それが大事なのだと感じました。 最後になりましたが、 お世話をしてくださった方々も、皆親切な方ばかりで、たいへん気持ちのよい旅でした。 ありがとうございました! 3月吉日

男性 maki

日本の文化、歴史のふれる旅でした
日本に古来からある神社 普段行くことはあるけど、神社での普段の仕事や神道の中身まで見ることも知ることもなかったですが、今回、神主の仕事体験をさせていただいて、その中身を見させていただけたことにより、神社への理解と親しみがより一層増しました。 体験させていただいた感謝と、神様への感謝の旅になりました。 本当に有難うございました。

男性 ゆも

よい体験でした
神道に興味があったので参加しました。 これまでにも、冠婚葬祭などにおいて神主さんの所作振る舞いを見聞きする機会がありましたが、今回の体験では、詳しい解説をお聞きしながら御日供祭や月首祭などを間近に見学することができ、理解を深めることができました。 「まつり」についての考え方、一般的な神社における神主さんの職制構成、宗教や神道における神の考え方、古事記の概要なども丁寧に解説いただきありがたかったです。 掃除や紙垂作り、境内見学などの際にも、祝詞や意味や祭具の構成、神職への就職の道すじ、神社での仕事の内容やご苦労など、様々な質問にお答えいただきました。感謝しております。神職の方から直接お聞きすることができたのは得難い経験でした。 体験のあいだ、白衣・袴の出仕の装束を着させていただきました。着るものが変わると普段とは違う世界にいる実感が強まります。 最後に、大祭の装束を着させていただき撮った写真は、大変よい記念となりました。 お世話になった稲毛神社の皆様にとても感謝しております。ありがとうございました。

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP