日程固定旅行
7月18日(土)開催
募集終了まで残り 3

移住の一歩前を、野菜づくりを通して学ぶ。「農」でつながるコミュニティに仲間入り。
- 家庭菜園見習いになる旅 -

現在募集しておりません。

旅で得られること

自分から動き、「好き」を形にするチカラ

学びのロードマップ

  1. 「野菜づくり」で、広がる輪。その理由を知る。
  2. 関わり方は人それぞれ。色々な人の「きっかけ」を聞く。
  3. 野菜づくりの基礎を学び、自分らしい地域との関わり方を見つける。

旅のホストと仕事ガイド

鴨川市ふるさと回帰支援センター

野菜づくりを学びながら、人と、先輩移住者と、地域とつながる場として「帰農者セミナー」を実施。

2019年-2020年では、全20回開催。播種や収穫だけではなく、生育管理、土づくり、管理機の操作、鳥獣対策、選別・出荷調整、支柱立て、トンネル掛けなど、様々な作業を実習。座学では、適正土壌酸度、連作障害、種子・苗の見分け方、播種・定植方法、とうだち、肥料の種類と使い方、病害虫防除、有機肥料の作り方、作物の相性などを学びます。
帰農者セミナー
この体験は「鴨川市ふるさと回帰支援センター」が主催するイベントです。

「野菜づくりに興味があるけれど、きっかけがない」、「移住に興味があるけれど、まずは何をしたらいいかわからない」という方へ。まずは、最初の一歩として、この旅に参加してみるのはいかがでしょうか。

旅の舞台は、千葉県鴨川市。東京から約2時間ほどで行ける里山エリアにあります。

鴨川市では、移住者を増やすための一つのきっかけとして「帰農者セミナー」を開催。このセミナーでは、年間を通して様々な野菜づくり体験ができます。

人気の理由の一つは、その手軽さ。野菜づくりがはじめての人でも安心して参加できるとあって、毎回多くの人が参加しています。畑仕事はもちろんのこと、漬物づくりや、流しそうめん体験、お餅つきなど季節の体験も好評です。

このセミナーに参加する人の目的は「野菜づくりを学びたい」ことが中心ですが、それだけではありません。先輩移住者に話を聞きたい。移住に興味があるけれどまずは知り合いをつくりたい。地域のことを知りたいなど、つながりを求めてくる人も多いのとのこと。

「野菜づくり」という共通の興味があるからこそ、話も広がりやすく、技術的なことからはじまり、地域の情報に至るまで、参加者同士の会話の広がりは様々です。

毎回、参加は必須ではないので、来られる時だけ参加する人もいるのですが、情報交換の場としてリピートされる方も多いのだとか。

「野菜づくりに挑戦したい」「自然体験がしたい」「移住を検討している」といった目的はもちろん、ちょっと気分転換にでも参加OK。野菜づくりを学びながら、「農」好きさんのコミュニティを、のぞいてみませんか?

続きを見る

多様なライフスタイルを知り、自分にピッタリの形を見つける。

「帰農者セミナー」に参加する理由は、人それぞれ。きっかけも様々です。

ある男性は、地方移住に興味があり、情報収集のつもりで3年前にはじめて参加。最初は、都内からセミナーの開催日に合わせて通っていたそうですが、この土地が気に入り、家を購入、移住をしました。

今では、毎日高速バスで東京まで通勤しているそうです。「野菜づくりもそうですが、ここには人に会いにきてる感じですね。一緒に過ごす時間が楽しいので」。

セミナーをキッカケに、付き合いがはじまり、今では、鴨川市の地域おこし協力隊としてお手伝いをしている人もいました。

週末だけ拠点となる古民家を借り、セミナーへやってきて野菜づくりを楽しむ人もいます。今では畑の一区画を借りて、夫婦二人で熱心に野菜づくりに取り組んでいるんだとか。

「ここは、野菜づくりだけを楽しむ場ではないんです。色々な人が出会って、交流する場。ここをキッカケに広がっていく輪があるんです」。

セミナーのアドバイザーを務めている男性は、そう言います。先輩移住者として、できることをやりたいと、野菜づくりのアドバイスはもちろんのこと、家の紹介や地域の情報なども提供しています。セミナーでは、鴨川市の職員の方もいるので、市の情報も得やすいというのも大きなメリットです。

住まいも、拠点も、年代も、そして、移住者もいれば通ってくる人もいる。参加されている方にお話しを聞いてみると、様々なライフスタイルの形があることに驚くことでしょう。今まで想像もしていなかった可能性に出会えるかもしれません。

土づくりから収穫まで。イチから学ぶ野菜づくり。

「帰農者セミナー」では、まずは座学で野菜づくりについて学びます。土づくり、苗選びのポイント、収穫時に注意することなど、その季節ごとの野菜に合わせて、話題は多岐に渡ります。

その後、畑へ移動。作業は、収穫、植付け、管理ができるようにその時期に応じて、まんべんなく体験ができるようになっています。

取材に伺ったこの日は、まずは、セロリとサトイモを収穫。人参を間引き、雑草取り。最後に玉ねぎの植え付けをしました。

「こんなに雑草があったら一人でやるのは大変だけど、みんなでやると早いよね」と、作業をしながら、自分の畑の苦労話や、工夫していることなど自然と会話が広がります。

もちろん、収穫したお野菜は、みなさんのお土産に。その時々で取れたての旬の野菜が頂けるのを楽しみにしている人もいました。

「帰農者セミナー」では、参加した人同士のLINEグループがあります。そこでは、日々、様々な情報が流れているのですが、先日は、みかん農家の援農募集があったんだとか。セミナー当日に参加できなくてもコミュニティの輪は広がっています。

野菜づくりを学びながら、自分らしい地域との関わり方に触れてみませんか?

【ご注意ください】
お申込みの際、体験料のお支払方法は「後払い決済・コンビニ決済する」をお選びいただき、体験料は現地でお支払いください。

体験スケジュール及び内容

時間行程体験内容
9:30 集合お車でお越しの方:「里のMUJI みんなみの里」開発工房セミナー室(千葉県鴨川市宮山1696)
電車でお越しの方:JR安房鴨川駅 9時20分集合
高速バスでお越しの方:福祉センター前 8時40分集合。お迎えに行きます。
オリエンテーション1)参加者の自己紹介、参加動機、持ち帰りたいこと
2)スケジュールの説明/注意点
仕事を知る・野菜づくりについて(座学)
仕事体験(1)・農園での作業
 -収穫
 -植付
 -管理
昼食
仕事体験(2)・季節の企画
※季節、天候によって内容を変更
旅のまとめ今日の感想と振り返り
‐今後の自分への活かし方について考える
16:00仕事旅行終了解散。電車の方は、JR安房鴨川駅までお送りします。

【体験作物】1月〜3月
種まき・定植:人参、じゃがいも、大根、キャベツ等
収穫:ネギ、じゃがいも、キャベツ、ブロッコリー、ホウレンソウ、サニーレタス
※気象条件や参加者の希望等により体験する作物が変更となる場合があります。
現在募集しておりません。
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP