日程フリー旅行
火、金、土、日曜日開催予定

廃業寸前の銭湯を“感じのいい接客”で立て直した番頭と心をはだかにして語り合う
- 老舗風呂屋の番頭 になる旅 -

開催日程:
申込人数:
参加料金:8,000円 + 消費税:800円 = 合計金額:8,800円
この旅は「日程フリー旅行」となっております。希望日を選択いただいた上で旅先と調整を行い、体験が可能だった場合のみ実施されます。ご希望日程に沿えない場合がございますのでご了承ください。旅の種類についてはこちらをご確認ください。
興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

旅で得られること

人の声に耳を傾け、人間関係を癒すチカラ

学びのロードマップ

  1. 銭湯の仕事、施設の裏側を見学しながら、課題発見の仕方を知る。
  2. 日の出湯、起死回生までの紆余曲折のストーリーを聞く。
  3. 経営維持、文化継承のためのコミュニケーション術について学ぶ。

旅のホストと仕事ガイド

日の出湯

上野元浅草「日の出湯」は、江戸時代の終わり頃から続く老舗の銭湯です。2000年にビル型の店舗に建て直しましたが、以降今でも、スーパー銭湯やスパではない一般公衆浴場として、地域に根ざした銭湯経営を続けています。四代目番頭の田村祐一さんは、銭湯文化を後世に残したいという思いで、業界全体の活性化を目指した取り組みにも積極的。日の出湯の経営難を接客の見直しと追求で乗り超えた経験から、『銭湯の番台が心がけている 常連さんが増える会話のコツ』という書籍も出版しています。
上野元浅草 古代檜風呂 「日の出湯」
今回の旅の行き先は、台東区元浅草で江戸時代の終わり頃から営業を続けているという、老舗の銭湯「日の出湯」。家風呂が当たり前になった今でも、地元の常連客を中心に、多くの人々に愛されています。

日の出湯は、マンションビルの1、2階に店を構えるこぢんまりとした銭湯ながら、古代檜と呼ばれる貴重なヒノキで造られたお風呂や、岩風呂、ジェットバス、スチームサウナなど、日々の疲れを癒してくれるうれしい設備が充実。でも、日の出湯の魅力はそうしたハード面に留まりません。その裏側にある人気の秘密を探るのが今回の旅の目的です。

実はこの日の出湯、今でこそ安定経営を保っていますが、2012年頃までは赤字が続き、廃業寸前の状況にまで追い込まれていました。それを打破した立役者が、現番頭の田村祐一さん。なんと、経営者となって約半年で、来店者数5割増、売り上げ2倍にまで立て直したそうです。

日の出湯は、スーパー銭湯ではない昔ながらの銭湯です。ですから、入浴料金は東京都の条例により大人(12歳以上)470円に定められています。この金額は、店の裁量で上げたり下げたりすることはできません。つまり、他店との差別化のために価格競争に持ち込むことは不可能なのです。一方で、まとまった資金もなく新たな設備投資もきわめて難しい。しかも近隣には都内でトップクラスの集客数を誇る有名銭湯や、天然温泉を売りにした強力な競合店がありました。そんな三重苦の中、田村さんはどんな思いで、またどんな策で日の出湯を復活させたのでしょうか。

この旅では、田村さんと日の出湯が歩んできた紆余曲折のストーリーから、様々な視点、角度からの、田村流コミュニケーション術が学べます。さらに、普段は見られない“銭湯のバックヤードツアー”や、入浴料金よりも高い“日の出湯特製コーヒー牛乳”の試飲体験も。きっと、楽しくておいしくて学びのある半日旅となるはずです。
続きを見る

日の出湯再建のカギは「感じのいい」接客

田村さんは、日の出湯が1955年に2店舗目として開業した、大田区西蒲田の太田黒湯温泉「第二日の出湯」(2017年10月に閉店)の四代目跡取りとして生まれ育ちました。大学卒業後は、家業である有限会社「日の出湯」に就職し、第二日の出湯で銭湯経営の修行。その間、日々の仕事と並行し、SNSを活用した「銭湯部」という名の活動や、銭湯の日常を綴ったブログの執筆など、人々に銭湯の良さや楽しさを知ってもらうための取り組みも積極的に行っていました。田村さんの活動は、当時、テレビや新聞など様々なメディアで取り上げられ、注目を集めました。

また、後に田村さんは、ウェブマガジン「SAVE THE銭湯!」を創刊したり、俳優の伊勢谷友介さんが理事長を務め、地域の興味深い活動をする人たちを講師に招いて様々なネタをテーマに授業を行う「はだかの学校」という取り組みにも参加しています。

田村さんは、なぜこうした活動を行っていたのでしょうか。それは、銭湯業界全体の活性化のためだと言います。
「銭湯が日本中からなくなりつつある中、日の出湯だけにお客様が来ればいいという集客はしたくなかったのです。銭湯が知られるようになれば、日の出湯に来るお客様も増えるだろうと、長い目で見ていました」
田村さんの根底には、「銭湯文化を後世に残したい」という熱い思いがあったのです。

そんな中、2012年3月、田村さんは父親から、「元浅草の日の出湯を廃業しようと思う」と告げられます。しかし、それまで銭湯業界のために様々な努力を重ねてきた田村さんにとって、その父親の言葉は到底受け入れられるものではありませんでした。そして、「廃業するくらいなら僕が立て直す!」と宣言。元浅草に移り住み、四代目番頭として、日の出湯の経営の立て直しに乗り出しました。

資金もない、価格競争もできない、さらに競合店に囲まれた立地条件の中、田村さんは日の出湯の個性を出すために何をしたのか。それは、接客態度の見直しでした。
「日の出湯に訪れるお客様の7割が地元の方。しかもその大半がご年配の方です。日々番台に座り、そうした世代の方々とふれ合う中で、“気持ちが届くコミュニケーション”というものの大切さを実感するようになりました。例えば、お客様が来店したときには『いらっしゃいませ!』に『こんにちは!』の一言を付け加えたり、会話をするときにはお客様の目線と同じ高さに腰をかがめ、わざとらしいくらいに大きく頷いたり。するとお客様から『あなた、感じがいいわねぇ』と言われるようになったのです。そんなことを色々、日々試行錯誤しながら続けているうちに、次第に口コミで評判が広まって、少しずつお客様の数が増えていきました」

田村さんは決して斬新なことをしているわけではありません。でも、この時見出した接客の極意は、年配の方だけでなく、あらゆる世代のお客様に通じるものだと確信しているそうです。事実、近年日の出湯には、若い世代のお客様も増えてきていると言います。

お客様の数はこれ以上増やしたくない。その真意は?

田村さんは、銭湯文化そのものをこれからもずっと残したいと思いつつも、日の出湯のお客様の数はこれ以上増やしたくないと言います。それはなぜなのでしょうか。
「銭湯に来て、自分以外にお客さんがいなかったら、『ラッキー!』と思いますよね。日の出湯は、そんな風に、お客様にとっての居心地のいい銭湯でありたいのです。ですから、キャパに合ったお客様の数で十分。僕は、『いかにお客様に気持ちよく帰ってもらうか』を常に考え、大事にしたいと思っています」

とはいえ、安定経営のためにはそれなりの収入も必要です。そのための秘策の一つが、今回の旅のプログラムの中で試飲体験もできる、入浴料金よりも高い“日の出湯特製コーヒー牛乳”。その開発秘話や、今後に向けた新たな施策アイデアの話などは、旅当日、田村さんに直接聞いてみてください。

日の出湯のため、銭湯業界のために行っている、様々な角度からの田村流コミュニケーション術について学べる3時間半。ぜひ、風呂屋の番頭と心をはだかにして語り合って、日々の仕事や人とのコミュニケーションにおける、悩みの解決策や新しいアイデアの種を見つけ出すきっかけにしてみてください。

体験スケジュール及び内容

時間行程体験内容
10:00集合日の出湯
10:05オリエンテーション・自己紹介(参加した理由/持ち帰りたいこと)
・本日のスケジュール
10:10仕事の説明銭湯の仕事に関する話
仕事の見学銭湯施設内外の見学ツアー
10:40仕事の体験・日の出湯特製コーヒー牛乳の試作、試飲
・コーヒー牛乳開発秘話などを聞く
11:00働き方の話・田村さんの現在に至るまでの紆余曲折のストーリー
・田村さんの銭湯経営者としての思い
※その他、田村さん流コミュニケーション術について、参加者が特に聞きたい話を以下より選択
・感じのいい接客の極意について
・過去に開催したイベントについて
・チームビルディングについて
12:15旅のまとめ・本日の感想/気づき、今後に生かしたいこと
・ホストからのフィードバック
12:30仕事旅行終了!
※当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承下さい。

開催概要

定員: 5名 (最少催行人数: 1名以上)

最少催行人数について

時間: 10:00〜12:30 2時間30分

締切: 催行日10日前締切

場所: 日の出湯
東京都台東区元浅草2-10-5

地図を表示
開催日程:
<<
2020年7月
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
×
8
-
9
-
10
×
11
×
12
×
13
-
14
×
15
-
16
-
17
残り5席
18
残り5席
19
残り5席
20
-
21
残り5席
22
-
23
-
24
残り5席
25
残り5席
26
残り5席
27
-
28
残り5席
29
-
30
-
31
残り5席
空席あり
リクエスト予約
キャンセル待ち
×
受付終了
※「リクエスト予約可能」は、実施先の確認連絡をもって予約の確定となります。
申込人数:
参加料金:8,000円 + 消費税:800円 = 合計金額:8,800円
興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP