日程固定旅行
日程調整中

地域の特産品「すいせん」の花農家の仕事を知る
- すいせん農家になる旅 -


予約できません

興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。
プランナー:三星千絵

こんな人にピッタリ!

・花農家の仕事に興味がある
・植物に関わりつつ生活をすることに興味がある
・地域資源を使って、地域活性に関わりたい

旅のホストと仕事ガイド

石井孝明

鋸南町は越前、淡路と並ぶ日本の水仙三大産地。12月に入るとちらほらと咲き始める可憐な水仙。1月には最盛期を迎えます。
水仙の名所として多くの方が訪れる佐久間ダムにある「をくづれ水仙郷」は、石井さんはじめ地元の水仙農家の出荷拠点となっています。

先人がはじめた「水仙」を守り続ける花農家。

東京駅から高速バスに揺られること1時間半。山と海に囲まれた千葉県の鋸南町(きょなんまち)にある「をくずれ水仙郷&佐久間ダム」は、桜と水仙の名所として、毎年多くの人が訪れます。

この地域で水仙農家を営む石井孝明さんが今回の旅のホストです。
水仙の見ごろは12月から1月。その中でも出荷のピークとなるのは12月末から1月上旬と1年のうちでも限られた短い期間。その間に、質の良い状態でかつ効率よく収穫するためには、知識と経験が必要といいます。花の状態をみて、収穫、出荷のタイミングを見極める。そこには農家さんならではの視点がありました。

先人がはじめた地域資源を守り続け、今では、屈指の水仙の名所、産地となった鋸南町。
花農家の現場を知りつつ、地域資源を活かすヒントを見つけてみませんか?
続きを見る

毎年10万人が訪れる、日本3大群生地

そもそも、この地域が水仙の産地となったのはなぜなのでしょう。それは、地形に理由がありました。急な斜面が多く、田んぼをすることも畑で作物を育てることも難しかったそう。そこでこの地形を生かし、水仙を植えはじめたのです。

さらに、1997年に東京湾アクアラインが開通し、都内から近い花の名所として、大型バスがやってくるようになりました。当時の地区の区長が、より多くのお客さんが訪れてくれれば思い、駐車場と直売所をはじめます。そこが 「をくずれ水仙郷」です。

今でも水仙の見ごろの12月上旬から2月上旬まで、地域の人と協力して、期間中、年中無休でお客様をお迎えしています。多いときでは、大型バスが1日に15台も来る日があるとか。水仙農家さんの作業場にもなっており、様々な人が行きかいます。

収穫と出荷のタイミングを見極める

今回の旅では、水仙農家として収穫から出荷まで体験します。

水仙を収穫することを「刺す」といいます。これは鎌を刺して収穫を行うためです。「刺す」時のポイントとしては、葉の数、つぼみの状態、全体の大きさなど様々です。

収穫から箱づめ、出荷まで3日かかることを考え、収穫時にしっかりと見極めることが、その後の選別に無駄がなくなるコツだとか。また、水仙の圃場は、急な斜面が多いため足場が大変悪い。難しい体制で瞬時に判断しなければならない難しさもあります。

かつて多かった水仙農家も若手が減り、年々減ってきています。担い手が不足していく中、新しいものをつくる、6時産業化も必要になると石井さんは言います。季節になると多くの人が訪れる「をくずれ水仙郷」も、拠点としてできることがまだまだありそうです。花農家の現場を知りつつ、地域資源を活かしてでできることを考えてみませんか?

体験スケジュール及び内容

時間行程体験内容
13:00 ハイウェイオアシス富楽里 集合※東京駅八重洲南口/バスタ新宿から出発している高速バスが便利です。
※なのはな5号(東京駅11時20分発、12時43分着)がオススメ。
〈なのはな号の時刻表はこちら〉
移動
オリエンテーション1)自己紹介、参加動機、持ち帰りたいこと
仕事の説明1)をくづれ水仙郷について
・この場所の生い立ち
・利用者について
2)水仙農家の仕事ついて
・今の仕事をはじめた経緯
・仕事で大切にしていること
14:00仕事を体験・すいせんについて
・すいせんの収穫
・すいせんの選別
・箱詰め、出荷など
15:00 旅のまとめ1)気づきメモの記入
2)感想の発表(気づいたこと・今後に繋げたこと)
3)ホストのフィードバック
4)質疑応答
移動
15:30ハイウェイオアシス富楽里解散※なのはな38号(富楽里15時55分発、東京駅17時26分着)がオススメ。
〈なのはな号の時刻表はこちら〉
*当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承下さい。
鋸南町へ行き方について

東京エリアから鋸南までのアクセスは、高速バスが便利です。東京駅八重洲南口から高速バス「なのはな号」に乗って約1時間25分。「ハイウェイオアシス富楽里」で下車すると、そこはもう鋸南町の入口です。ハイウェイオアシスからは体験先のホストに送迎していただきます。

ハイウェイオアシスには、さんが焼や長ネギのかき揚げなど地元のグルメも充実しているため、バスの待ち時間も楽しく過ごせますよ。終バスも21時過ぎまであるので、日帰り可能です。〈なのはな号の時刻表はこちら〉

また、現地を車で自由に動きたい方は、君津駅でレンタカーを借りて、鋸南町へ向かうのがオススメです。(鋸南町にレンタカーの会社が無いため)


オススメ宿

民宿 おしなや
体験後に鋸南町に宿泊したい!と思ったら、地元の方オススメの宿「民宿 おしなや」はいかがですか?おしなやへ宿泊した参加者の声を記載します(ご予約は直接ご連絡ください。)

民宿というと構えてしまう方もいるかと思いますが、女将の「ここから見える夕日は、本当にきれいなんですよ」と、その言葉通り、窓から見える一面の海。広い砂浜。沈む夕日が美しく、真っ赤に染まる富士山も見える良い宿でした。風呂も窓を開ければ半露天、潮風と共に鋸山、三浦半島、富士山まで望めます。時期によるのかもしれないが、気取らずゆったり過ごすにはいい宿だと思いました。
海と夕日。自然が生み出す美しい景色と地元海鮮を味わう、歴史を紡ぐ民宿。(民宿 おしなや)


開催概要

定員: 3名 (最少催行人数: 1名以上)

最少催行人数について

場所: ハイウェイオアシス 富楽里
千葉県南房総市二部1900
※東京駅、横浜駅、羽田空港、千葉駅から高速バスに乗車「ハイウエイオアシス富楽里」で下車です。

地図を表示

予約できません

興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

この旅に参加した人は
こんな旅にも参加しています

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP