日程固定旅行
2月23日(土)開催

人、ネタ、記事、全てが本物。「リアル取材」でライティングのセオリーを学ぶ
- ライターになる旅 -


予約できません

興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

有限会社ノオト

ノオトは、インターネット・メディアを中心に、企画、編集、原稿執筆、運営などを手がけるコンテンツ・メーカー(編集プロダクション)です。業務の一つとして、広域品川圏のニュースを届けるウェブメディア「品川経済新聞」を運営しています。
プランナー:イチモトマイ

こんな人にピッタリ!

・取材をしてみたい
・ライティングの基本を学びたい
・編集やライティング、広報などの仕事に生かしたい
■■ この旅は2月23日(土)、2月27日(水)の2日間の企画です。募集ページには、1日目の日程を表示しております。■■

「なんだか自分の書く文章はうすっぺらいな…」
文章を書く仕事をしている人に、そんなモヤモヤを抱える人は多いのではないでしょうか。

「ライティングの仕事を始めてみたけれど、スキルアップの方法がわからない」「広報の仕事をしているけれど、書く内容に自信が持てない」というように、“自分の文章に足りない何か”をつかみかねているとしたら、その正体は「取材」の可能性があります。

旅の案内をしてくれるのは、有限会社ノオト代表取締役の宮脇淳(みやわきあつし)さん。ノオトは大手企業を中心にオウンドメディアやソーシャルメディアの運営を手がけ、毎月200本以上の記事を世の中に送り出しているコンテンツメーカーです。業界では珍しく新卒採用を行ってきたことや、著名なライターや編集者を多く輩出してきたことでも知られています。

この旅のメインは「リアル取材」です。現場を仮想した模擬取材ではなく、インタビュー相手、ネタ、記事、全てが本物。品川圏のニュースをお届けするサイト「品川経済新聞」の取材を体験し、2日間かけて徹底的にライティングを学びます。完成度の高い記事を書くことができれば、あなたの記事が品川経済新聞に掲載されるかもしれません。
続きを見る

「何を書くか」が難しい。ニュース記事制作を体験

本物の取材を行うため、取材対象者の迷惑にならないよう、この旅は3〜6名の少人数で行います。

1日目の前半は宮脇さんの講義。書き始める前のネタの見つけ方から、取材の事前準備、当日の心得まで、ライティングのセオリーについて幅広く学びます。その後、ノオトの担当者が事前にアポイントを調整した取材先に同行し、対面インタビューを行います。約30分間かけて取材し、当日貸し出しするカメラで写真も撮ります。終了後は取材結果を持ち帰り、締切日時までに品川経済新聞の原稿を執筆する課題に取り組みます。

締め切り数日後に開かれる講座2日目は、添削された課題のフィードバック。全体の構成から言い回しまで、細かく赤字が入ります。その後記事を書き直し、ニュース記事を自身の手で完成に導きましょう。

聞いたことを書くだけなら、簡単にできてしまうのでは?と思う方もいるかもしれません。「取材記事の執筆に慣れていない人は、思ったほど書けないものです」と、宮脇さんはいいます。「クラウドソーシングでライティングをしている人でも、取材経験のない人はなかなかニュース記事を書けません。話の中から『ニュースの核』を見つけることができないんです」。例えば、同じ話を聞いていても“何を拾うか”によって、記事のレベルは全く異なるとのこと。

そもそも取材は準備が大切です。どこまで相手のことを事前にリサーチするのかも含め、人から話を引き出す難しさを感じる体験講座になるでしょう。

良いコンテンツの条件は「取材」。誰でも書ける時代だからこそ“ちゃんと調べる”ステップを大切に

「世の中全体としてコンテンツの量は増えていますが、質は高まっていません」

宮脇さんがこの旅にかけるモチベーションの一つに、業界に対する問題意識があります。「しっかりと取材ができるライターは引っ張りだこなので、一部の人に仕事が集中しています。一方で『取材をしたことがない』という経験の浅いライターもいます。そんな方が次のステップに進むきっかけになれれば」。

昨今はクラウドソーシングを利用して誰でも簡単にライティング仕事を受注できる時代。取材ができるようになれば、ライターとしての活動の幅は大きく広がる可能性があります。

「もちろんインタビューのスキルは一回で身につくものではありません。でも、一度も取材をしたことがない方には、体験取材を通じた原稿執筆は大きな一歩になると思います」と、宮脇さんは期待を込めていいます。

ところで、コラムやエッセイ、小説といった、家にいても書けそうなジャンルのコンテンツも取材が必要なのでしょうか?

「表立っていないだけで、実は日頃から取材されているものです」。宮脇さんによると、人にさりげなく話を聞くことや、写真を撮ったり、現場を見てメモを取ったりすることも取材のうち。“自分でちゃんと調べる”というステップを踏むことで、どんなコンテンツも質が高まるそうです。ライターだけではなく、さまざまな形でライティングをしている方にも役立つかもしれません。

コンテンツがあふれ、誰でも簡単に情報発信できる時代だからこそ、取材する手間を惜しまずに作られた文章が光るはず。今までチャンスがなかった「リアル取材」を経験して、あなたのライティングを大きく成長させてみませんか?

体験スケジュール及び内容

【1日目】2月23日(土)
時間行程体験内容
13:00 有限会社ノオト集合
13:05 オリエンテーション・自己紹介、参加動機 持ち帰りたいこと
・会社概要説明
13:15講義・良い記事の条件
・ネタの見つけ方
・取材のポイント
14:15取材準備・課題説明
・質問事項の準備
15:00取材体験・取材に挑戦
16:00終了※終了次第現地解散
※課題は指定された期日までに提出


【2日目】2月27日(水)
時間行程体験内容
19:00有限会社ノオト集合
19:05 講評・課題の講評
・書き直し
・書き直し原稿の再講評
20:20 旅のまとめ・感想の共有(印象に残ったこと、体験を今後に生かせそうなこと)
・質疑応答
20:30 終了解散

開催概要

定員: 6名 (最少催行人数: 3名以上)

最少催行人数について

場所: 東京都品川区西五反田1-13 -7マルキビル501

地図を表示

予約できません

興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人は
こんな旅にも参加しています

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP