日程フリー旅行
毎日開催

昭和のベンチャー「平飼い養鶏」にやっと時代が追いついた? 最上の荘園で極上の卵かけご飯を
- 平飼い養鶏農民になる旅 -

開催日程:
申込人数:
合計金額:6000円
この旅は「日程フリー旅行」となっております。希望日を選択いただいた上で旅先と調整を行い、体験が可能だった場合のみ実施されます。ご希望日程に沿えない場合がございますのでご了承ください。旅の種類についてはこちらをご確認ください。

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

最上の荘園

楽しみながら農業を営んでいます。自然有精卵を生産する平飼い養鶏のほか、山間にある2ヘクタールの水田と30アールの畑では米やトマト、ナス、山菜を育て、ハウスではキクラゲを栽培。卵は生まれたての雛から玄米で餌付け、人工添加物を一切使用せず、自家配合のオリジナル飼料を与えています。古民家を改築したゲストハウスの運営やハーブを用いた新商品の開発にも挑戦中。
プランナー:koichi-kawajiri

こんな人にピッタリ!

・卵かけご飯なら何杯でもいける(鶏や卵が好き)
・オーガニックな農と暮らしに興味あり
・長くマイペースに仕事を続ける秘訣を知りたい
「平和だなあ…」

山あいの小高いところにある棚田から里を見おろしながら、シミジミそうつぶやくのは菅博(かん・ひろし)さん。まさに「平和」を絵に描いたような里山の風景が、そこには広がっています。

ここは山形県の北東部にある最上町。最上川の支流にひらけた山間の盆地で、山を隔てて宮城県や秋田県にも接するまさに東北の"ど真ん中"に位置します。ご想像のように鉄道やバスの本数も少なく、知る人ぞ知る「湯けむりの隠れ里」といった趣もあり。町中のいたるところに湧き水があり、「名水100選」に選ばれた水場も。

菅さんは、農場「最上の荘園」の代表として、約40年にわたって「自然卵養鶏」に取り組んできた"有精卵づくり"の大ベテランです。

平飼いの小屋でのびのび育った鶏たちが生む卵は滋味豊かで、食べると力が湧いてきそう。「生命の源を食する」という言葉がピッタリで、卵好きなら一度は食べてみたい味です。

最上の荘園では養鶏だけでなく、季節に応じて稲作(「あきたこまち」と「金のいぶき」)やキクラゲ栽培を中心に、トマトやナス、山菜なども生産しています。

さらにホーリーバジルをはじめとするハーブ類を栽培し、ハーブティーやリキュールといった商品を開発する試みの真っ最中。

この仕事旅行では、1泊2日の養鶏体験を満喫することができます。菅さんが運営するゲストハウスで、産みたてホヤホヤの平飼い卵をホカホカご飯にかけて、心ゆくまで何杯でもいっちゃってください。生食が苦手な方は卵焼きでも、ゆで卵でも。

ただ、この旅の"味わい"はそれだけにとどまりません。

菅さんは、卵の大量生産を可能にする鶏のケージ飼いが養鶏の主流となっていた昭和50年代に、なぜ「平飼い養鶏」の仕事を始めたのでしょう? 

そこにはこんな思いが秘められていました。
続きを見る

「鶏のことは、鶏に聞きなさい」。師匠の教えを守ってベンチャー農業40年

訪れた日の夜。古民家(菅さんの実家)をリノベしたゲストハウス「最上の荘」のリビングにて。旧式の蒔ストーブに火をくべ、温かい芋っこ汁(芋煮)に地酒「初孫」を楽しみながら、菅さんはこんな話をしてくれました。

「ここらはね、雪が降るもんだから冬場は農業ができないんだよな。6ヶ月間、雪の中での生活だからね。それでみんな出稼ぎに行くわけだけど、養鶏なら1年中できるんですよ。そもそものきっかけはそれだね。鶏は約半年でヒナから成鶏になって卵を産んでくれるから、売れれば現金収入が得られるだろうと」

菅さんの言う通り、最上町で農業を営むのは温暖な気候の地域とは異なる苦労があります。なにしろここは「やませ」の町。春から夏にかけて吹く冷たく湿った東寄りの風の影響で、農家は長年、冷害に苦しんできました。

農業高校を卒業した菅さんは、地元青年たちのリーダー的存在となり、海外の農業を視察するなど広い世界から刺激を受けます。

「新しい農業を実践したい!」

フツフツとそんな思いが膨らんできたとき、自然卵養鶏法を提唱した中島正氏との出会いがあり、指導を受けて地元の仲間たちと始めたのが「平飼い養鶏」という、当時としては新しいビジネスでした。

「その頃は、平飼いをやるなんて"変わり者"と言われたんだけどね(笑)。でも、私はケージ飼いに抵抗があったんです。経済優先で鶏をぎゅうぎゅう詰めにして、高カロリーの餌を与えて薬づけにするっていうのは…なんだか愛情がないように思えて。

鶏も自然に近い状態で育てると、美味しくて健康的な卵を産んでくれるんですよ。中島先生がおっしゃったんです。『鶏のことは、鶏に聞きなさい』って。最初はなんのことかよくわからなかったけど、最近ちょっとわかりかけてきた。聞いてみたら鶏は、『一番のごちそうは、新鮮な空気と水、土。そして、その土地で採れたもの』だって言うんだね。まあ、まだ道半ばではあるんですけど」

最上の荘園では鶏に、キノコの菌床を15%ブレンドした餌を与えています。ノコクズ発酵飼料や米ぬか、魚粉や牡蠣殻など10種類の飼料をブレンドしたオリジナル飼料のほか、鶏舎の周りに生える新鮮な草も食べ、通常より時間をかけてじっくり育てた鶏だからこそ、卵に濃厚なエネルギーが宿るのでしょう。

この飼料を食べた鶏はフンもサラサラ。土に還すことができるため、有機肥料として活用することができます。

「環境をつくることも農民の務めです」と菅さん。このひと言からも菅さんが"農民”という仕事にプライドを持っていることが伝わってきます。

近年欧米では、「アニマルウェルフェア(家畜福祉)」の考えが広まり、EU諸国では従来型のケージ飼育を規制、あるいは禁止する方向に動いています。米スーパーチェーン大手ウォルマートが、2025年までに扱う卵をすべて「ケージ・フリー」にシフトすると表明するなど、世界的に見れば「平飼い」あるいは「放し飼い」はいまや養鶏の主流。

「最上の荘園」は事業規模こそ大きくないとはいえ、こういった"イノベーティブ"な生産スタイルを約40年前に導入しています。

言うならば昭和のベンチャー農業。

そのやり方がようやく世界のスタンダードとなりつつあるのですが、平飼いのパイオニアの一人として、様々な失敗と経験を重ねながら40年にわたって続けてきたのは、並大抵のことではない。この夏の台風による水害でも約100羽の鶏を失ってしまいましたが、菅さんはへこたれていません。

苦しいことがあっても、マイペースで楽しく仕事を続ける秘訣とは? それは現地でご本人に、直接聞いていただきたいところです。 

旅の半分はホストと相談の上、ご自身で"プランニング"を

菅さんは養鶏や稲作の傍ら、公民館の館長や最上町議員を務めるなど、地域を元気にする様々な活動にも力を入れてきました。持ち山には200本の桜の木をみずから植え、春には訪れた人の目を楽しませてくれます。

66歳となった現在(2018年)は、自給自足型の生活に憧れ農業に専念し、ゲストハウスの整備や水田のオーナー制導入、ハーブを用いた新商品の開発といった新しい取り組みにも着手しようとしています。

冒頭でもふれたようにこの仕事旅行では、養鶏場での採卵の手伝いを中心に、季節に応じて様々な農業体験をすることができます(※養鶏は通年。春から秋にかけては稲作やキクラゲ。冬場は雪かきなどシーズンによって体験プログラムの詳細は変わります)。

しかし、それは旅の半分。卵で言うと黄身の部分。この旅では栄養のある"白身"も味わっていただきたいもの。

菅さんが今回、仕事旅行の旅人を受け入ることを決めた背景には、平飼い養鶏を体験してほしい気持ちと同時に、よその人に来てもらって新鮮なアイデアや刺激をもらいたいーーという期待もあるようです。

夜、食卓を囲んで仕事の話を聞きながら、新しい農業や地域の振興策について話し合ってみるのもよいでしょう。菅さんの棚田の脇に湧くぬる湯(温泉)の活用策などのアイデアも歓迎です。

つまり、旅の半分は参加者ご自分が、菅さんと相談しながら"プランニング"することで、より中身の濃い体験ができます。夏ならば養鶏のほかに棚田をめぐるのもよし、冬ならばあえて雪に閉じ込められる体験をするのもよし。

何が起こるかわからないからこそ旅は面白いーーそう考える人にふさわしい体験プログラムです。

よって参加ご希望の方はこのページから申し込みいただき、まずは日程を確定させた上で、菅さんと事前に一度はやり取りをし、シーズンによって変わる体験の詳細を確認することをオススメします。

1泊2日の体験となりますが、スケジュールの組み方も比較的自由。

当日は駅までお迎えに来てくださるので(帰りのお送りも)、お昼頃にJR陸羽東線・最上駅に集合が目安です(ほかの仕事旅行とは異なり、到着時間の事前連絡が必要)。

初日は鶏舎での仕事を体験したり、農場を見せていただけますが、翌日のプラン詳細は現地で決めていくスタイルになります。

要望には可能な範囲でフレキシブルに応じてくれますので、やり取りの際に「こんなことできませんか?」と相談してみるのもいいかも。

そのやり取りから仕事旅行は始まっています。菅さんはとても気さくな方ですが、メールの返信が得意ではないため、お申込み後はお電話でのやり取りがスムースです!

※お申し込み日と翌日の2日間の体験です(解散は2日目のお昼すぎを予定)。
※食費や現地での移動などの費用は参加費に含まれています。

旅のスケジュール

START
仕事旅行のスタートです。
体験スケジュール及び内容
時間行程体験内容
12:00頃 JR陸羽東線最上駅集合(お迎えに来ていただけます)
ゲストハウス「最上の荘」にてオリエンテーション・自己紹介、参加動機 持ち帰りたいこと
仕事を知る ・鶏舎と農場めぐり
 ‐鶏舎での採卵体験など
 ‐最上の荘園の農場見学
18:00夕食をいただきながら・「平飼い養鶏」と最上の農業について。なぜこの仕事を続けてきたのか? 翌日の体験について相談
07:00朝食と午前のひと仕事・前日の相談をもとに農業体験(ご希望、シーズンによって内容が変わります)
12:00旅のまとめ・旅のしおりの記入と質疑応答
 
13:00頃 終了最上駅にて解散
※当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承下さい。

開催概要

定員: 2名 (最少催行人数: 1名以上)

最少催行人数について

場所: ゲストハウス農家 最上の荘

地図を表示
開催日程:
<<
2018年12月
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
×
12
×
13
×
14
×
15
×
16
残り2席
17
残り2席
18
残り2席
19
残り2席
20
残り2席
21
残り2席
22
残り2席
23
残り2席
24
残り2席
25
残り2席
26
残り2席
27
残り2席
28
残り2席
29
残り2席
30
残り2席
31
残り2席
空席あり
リクエスト予約
キャンセル待ち
×
受付終了
※「リクエスト予約可能」は、実施先の確認連絡をもって予約の確定となります。
申込人数:
合計金額:6000円

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人は
こんな旅にも参加しています

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP