日程固定旅行
日程調整中

ドローンカメラマンに密着!? 新しい職業の1日を目の当たりにする
- ドローンカメラマンになる旅 -


予約できません

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

株式会社ドローンエンタープライズ

株式会社ドローンエンタープライズは、スマートでハイパフォーマンスな「ドローン撮影」を通じて、まだ出会えていないワクワク感をつくります。

空から映し出す”心躍る視点”は、未開拓の地を突き進む冒険そのものです。心を躍らせる価値を創る。そこにはクリエイティブな撮影は欠かせません。

TV・広告・WEBなどクリエイティブな撮影を中心に年間200件以上の豊富な実績をもとに、ハイパフォーマンスなドローン撮影をご提供します。
プランナー:内田靖之

こんな人にピッタリ!

・人の心を動かす画を撮りたい
・ドローンを使って仕事をしたい
・新しい仕事を作りたい
これまで空撮といえば、ヘリコプターを使ったり、大掛かりな足場を組むなど、お金と時間が必要でしたが、ドローンの登場によって、この数年で急速に身近なものになりました。また空撮のほかにも、宅配や農薬散布など、ビジネスでドローンを活用しようという試みが各地で行われています。民間会社の調査によると、2016年に353億円のドローン市場は、2022年には6〜7倍の2116億円にまで拡大すると言われています。

そんな拡大するドローン業界に足を置きつつも「すでにドローン撮影の分野に限っては、飽和しつつあります」。と冷静な見方をするのは、ドローンカメラマンとして、年間200以上の撮影に携わっているドローンエンタプライズの早川晋平さん。活況に見える業界であっても、日頃ドローンに携わっている現場からは違った見え方があるようです。

5年前までは広告制作やPRの分野でディレクターとして活動し、企画やデザインを出がける他、ライティングや撮影に至るまでマルチに活躍されていた早川さん。どのようにしてドローンカメラマンの仕事を生み出し、そして、ドローン業界の未来をどのように見ているのでしょう?

この旅では、早川さんの実際のクラアントである道の駅「保田小学校」の撮影や打合せに同行する他、ドローン操縦にも挑戦し、ドローンカメラマンの仕事を体感していただきます。早川さんのリアルな仕事に密着する1日は、ドローンを使って仕事をしたいという人にとって、大きな学びを得る時間となるでしょう。
続きを見る

まだ出会えていないワクワク感を創るために

ドローンの映像と初めて出会ったのは4年前。YouTubeで見たドローンの映像は、早川さんの心を一瞬で魅了しました。「その土地に行きたい!」という気持ちにかられ、思わず航空券を探してしまったほど。当時、広告を作りながら「一般の人に見られないものを作っているのでは? 」と心にモヤモヤを抱えていた早川さんにとって、このツールがあれば、制作物にパワーを与えられて、もっと人のココロを動かせられると。悩みを解決するツールと出会ったように感じました。

心を魅了されるのは、クライアントも一緒。早川さんが撮影した映像は、自分が思っていた以上にクライアントからも喜ばれ、特に仕事をし始めのころは、5回中5回、歓声が出るほど喜ばれたそうです。ドローンが身近になった今でも、多くの方が満足のレベルが振り切れる様子で喜んでくれることが、とても嬉しく、その場に立ち会えていることが仕事の充実感につながっていると話します。

早川さんにとってはクライアントが望んでいるものを提供すること。ワクワクする映像を提供することが目的で、それを叶えてくれるツールがドローンだったに過ぎません。なので、「ドローン自体は好きでも嫌いでもありません。料理人にとっての包丁のようなものです」と話す早川さん。10年後、別のツールが発達していたら、別のものを手にしてワクワクする映像を撮影しているかも知れません。

ドローンを仕事にするために必要なこと

ドローンをメイン事業として本格的に始動させたのが2016年の1月。前年の春に首相官邸にドローンが落下する事件が起きた結果、その半年後には航空法が改正され、ドローンの制限が厳しくなりました。早川さんは制限がかかるそのタイミングこそが「チャンス」だと考え参入。制限がかかるということは、他の方が参入しにくい考えたためです。

当初はドローンのイメージ自体も悪く苦労しましたが、WEBディレクターとして活動していた知見を最大限に活用し、検索されやすいホームページを制作・運営しました。また「自分がディレクターの立場だったときに依頼しやすいサービスを作る」ことにこだわり、他社を見て分かりにくいと感じた価格設定やサービス内容を改善し提供した結果、開業半年ほどで問合せが増えはじめ、今では年間200件以上の撮影に携わるようになりました。ドローンエンタープライズの仕事には、節々に制作ディレクターとしての活動した今までの経験が生かされているようです。

ドローンを仕事にするために必要なのは「ビジネスセンス」と言い切る早川さん。どんなに操縦が上手な人でもビジネスセンスが無ければ、食っていけません。また、売上が良い月もあれば悪い月もあるため、不安はつきもの。「儲かりそうだからやる」という考えでは無く、「世の中を変えてやろう」というくらいの折れない意思がないと継続しないと話します。

この旅では、ドローンに触れることも魅力ですが、最大の醍醐味は、移動時間を使って車中で伺うことができる早川さんの経験談にあります。ドローン業界のトップランナーとして活動してきた早川さんだから話せるお話をお楽しみください。ドローンをこれから仕事にしたいと考えている人はもちろん、独立を志している人にとっても、貴重な時間になるはずです。見たことのない景色を見るため、ドローンカメラマンになる旅に参加してみませんか?

●ご注意ください!
雨天の場合ドローンを飛ばすことができないため、雨天予報の場合は体験日の2日前までに中止のご連絡をさせていただきます。

スケジュール及び内容

時間行程体験内容
9:00東京駅八重洲口 集合
オリエンテーション・自己紹介(興味を持った理由/本日持ち帰りたいこと)
・ドローンエンタープライズの説明
・本日取り組んでもらうこと(スケジュールの説明)
※車で移動しながら実施
10:30保田小学校到着
仕事を知る・保田小学校の撮影見学
・打合せ/ロケハン/撮影
11:30働き方を知る・早川さんの経歴(この仕事に着いた経緯、選んだ理由)
 -きっかけになった動画
・仕事で大切にしていること(ワクワク感を提供する)
・早川さんにとって「自分らしい働き方」とは?
※ランチを食べながら
13:00仕事にチャレンジドローン操縦/撮影にチャレンジ
14:00旅のまとめ・気づきメモの記入
・感想の発表(気付いたこと・今後に繋げたいこと)
・早川さんのフィードバック
・質疑応答
※車で移動しながら実施
16:00仕事旅行終了東京駅八重洲口 解散

開催概要

定員: 3名 (最少催行人数: 2名以上)

最少催行人数について

時間: 10:00〜17:00 7時間00分

締切: 催行日3日前締切

場所: 集合場所:東京駅八重洲北口

地図を表示

予約できません

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人は
こんな旅にも参加しています

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP