日程固定旅行
8月12日(日)開催
募集終了まで残り 24

木彫りの世界に現代的デザイン感覚を。彫ってみることでわかるものづくりの魂
- 木彫職人になる旅 -

開催日程:
申込人数:
合計金額:10800円

角盆の料金が含まれています。


興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

前島木彫所

前島秀一 1949年8月3日生まれ
桑沢デザイン研究所卒 木彩会会員・巧匠会会員
1993年 前島木彫所四代目継承 江戸木彫伝統工芸士認定
1997年 小田急ハルクにて第一回「前島秀光作品展」
2000年 読売文化センターにて(マイ茶杓・マイ茶道具に挑戦)
2003年 コミュニティークラブたまがわ(玉川高島屋)

プランナー:つばさ

こんな人にピッタリ!

職人の現状を知りたい。
ものづくりに興味がある。
木彫りに挑戦したい。
おすすめの記事、まとめてみました。
社寺彫刻に用いられる獅子の荒々しくも複雑な造形から、落ち着きのある優しさを放つ茶道具などの和の木彫製品。今にも動き出しそうな生き生きとした魚のクラフト、思わず唸ってしまう程、細部まで精密につくり込まれた帆船の模型。木に関わるモノであれば、何でも創り上げてしまう木彫職人。

今回訪れるのは東京都の蒲田にある「前島木彫所」木彫職人として数十年、お客様からの注文に応じて、一つ一つ手作りで作品を創り上げる、前島秀一さんが営む木彫所です。

今回はそんな前島木彫所さまにご協力頂き、木彫職人の仕事を体感して頂きます。

◆旅のミドコロ!
木彫職人の仕事の醍醐味を、木製の角盆製作を通じて体感します。もちろん、ただのお盆ではありません。職人のこだわりの道具をお借りして、あなたの感性から生まれる、世界でただ一つの、最高の角盆を目指します。
続きを見る

先代から培った技術 + デザイン

今から遡ること100年、神社仏閣の彫刻で名をはせた木彫師、金子光清。当時は大型の彫刻の依頼が多く、固定の店舗を構えず、卓越した技術とミノのみを片手に、日本各地を彫刻行脚していたといいます。文化財としての価値の高い彼の代表作は、柴又帝釈天や向島牛島神社、千葉県佐原の山車などで今も目にすることができます。

そんな金子光清の曾孫にあたる前島秀一さん。先祖代々の筋金入りの四代目木彫職人です。代々受け継がれた社寺彫刻や組付彫刻、仏壇彫刻の技術を磨きつつ、時代の変化を敏感に感じ取り、先代達とは異なる取り組みも行っています。

例えば、木彫職人の世界に現代的なデザイン感覚を取り込むため、デザインスクールの草分けである桑沢デザイン研究所を卒業するなど、しきたりに囚われがちな職人の世界に足を置きつつも、新しい世界にチャレンジを続ける、希有な木彫職人です。

見たこともない道具の数々

木彫職人としてお客さんに納得した製品を創り上げるためには、様々な道具をどれだけ手足のように使いこなせるかが大切です。

しかも、規格品ではない製品を作る前島木彫所の仕事では、製品の特徴に応じて道具も自作する事が必要になります。入念にお客さんと相談し、製品のイメージを固めた後、期待を超えるような製品を提供するため、必要に応じた独自の道具を創り上げます。

素人目から見ると、おもちゃのような小さなカンナや、極端に長いフォークのようなミノ、単なる哲の塊のように見える道具も、前島さんにとっては、どんな最新の道具よりも、役に立つ大切な相棒。そんなお手製の道具の数々が、工房の至る所で存在感を放っています。

そんな道具をお借りする事が出来る。この旅ならではの特別な体験です。

職人世界の裏話が聞ける

職人の陽の当たる面だけでなく、影の部分も包み隠さず伝えてくれる前島さんの話を聞くことができるのも、この旅の一つの見どころです。

例えば、現在職人のおかれる危機的状況について。前島さんによると、問題は大きく分けて二つ存在しているようです。

一つ目は、職人たちのおかれている経済状況。大量生産の商品との価格競争に晒される中、一から全てを作りだす職人の仕事は、どうしても労力に見合った対価を受け取ることが難しくなっています。

二つ目は、後継者問題。職人の仕事は、知識よりも体で覚えると言うことが重要です。以前は下働き(小僧)、お礼奉公、暖簾分けという流れで、技を覚え、継承されていました。機械化が進んだことにより、下働き(小僧)の仕事が無くなってしまいました。結果、伝統的な技が継承されず、失われつつあるそうです。

スケジュール&日程

時間行程体験内容
12:55前島木彫所集合!
13:00あいさつ1)自己紹介(参加者:参加目的など)
2)体験の流れ説明・注意事項説明
13:15仕事のレクチャー1)木彫職人の仕事について
2)過去の仕事について
14:15休憩フリートーク
14:45木彫開始1)木彫開始
2)前島さんからの手直し
3)木製の角盆の完成
17:45仕事旅行終了!

開催概要

定員: 6名

最少催行人数について

時間: 12:55〜17:45 4時間50分
※基本毎月第二日曜日に開催致します。

締切: 催行日1日前締切

場所: 〒146-0083  
東京都大田区千鳥1-23-6
前島木彫所  前島秀一
*東急池上線「千鳥町駅」(1番出口)から徒歩5分

地図を表示
開催日程:
<<
2018年7月
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-
空席あり
リクエスト予約
キャンセル待ち
×
受付終了
※「リクエスト予約可能」は、実施先の確認連絡をもって予約の確定となります。
申込人数:
合計金額:10800円

角盆の料金が含まれています。


興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人はこんな旅にも参加しています

体験者の声


女性 グリーン

木の世界に浸れました
玄関に足を踏み入れると香る木の香りがたまらなかった。前島さんが作られた素敵な作品たちが飾られていて、飽きない空間でした。 ずっと気になっていた職人さんの生の世界。表から裏から聞けました。職人さんならではのご苦労や本音も交えながらたくさんお話してくださり、大変勉強になりました。消えていった技、この世界で生き延びる厳しさと、そこを乗り越えてきた中で発見してきた楽しさなどなど、職人さんの世界は思った以上に深いものでした。また、人との出会いも大切にしている前島さんの心が伝わりました。様々な工夫をしながら幅広い視野を持って努力してきたすばらしい職人さんでした。 木の小皿を掘らせていただぎしたが、ガツガツ掘れるのがそれはそれは楽しくて(笑)あんなことが、こんなことが!の連続でした。私は木に触れ、ぬくもりを感じるのが好きなので、木が自分の思い通りに形になってくれたとき、とてもうれしいものがありました。 さりげなく出てくる作品にも、すべて前島さんの愛と技術を感じました。 おすすめ仕事旅行です。ぜひ前島木彫所へ!

女性 k

発見がありました!
今回初めて仕事旅行を利用しました。短い時間で貴重なお話をたくさんしていただいて、とても楽しく勉強になりました。 まだまだ知らない世界があること、まだまだ経験がないこと、わからないことや知らないことに躊躇している自分に気がついたこと、など自分なりに発見がありました。 今回参加して良かったと思いました。ありがとうございました。

女性 れいか

仕事の意義
この度は貴重なお時間をいただき有難うございました。 一人での参加で緊張していましたが、前島さんが温かく迎えて下さり、参加者の皆さんとも一緒に、終始和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごせました。 自分自身、自分に合う仕事に出会えていないと思い、日々もやもやしていました。 そこで天職に巡り会えているであろう職人さんの話を聞いてみたくて参加しました。 前島さんは木彫を「ご自分で」天職にしたとおっしゃいました。 先代から受け継ぐ木彫の技術に留まらず、時代の需要に応える為に様々な事に挑戦し続ける。それはまさしく生きるための努力。 仕事とは需要と供給で成り立つもの。工房でも企業でも、どこでも基本は同じなのだということを気付かされました。 本当にやりたいことを見つけて仕事にしたい、というだけの考えを改め、私も世の中に必要とされる為の努力をしたいという考えが持てるようになりました。 このような体験の機会も、時代の需要に応えて下さっているからこそではないでしょうか? この機会と前島さんとの出会いに感謝します。

男性 光

アナログ対デジタル、時代の流れ
この何十年間でアナログからデジタルへの変化は大きいです。私自身も物作りを作る仕事、映像製作に携わっており、似て非なる様に思えますが、同じく映像も昔は手作業で表現されていました。 私が子供の時は映画が大きくCGへと変わりかける時代で、特に私は当時のSTAR WARSの大ファンです。何回見直したか分かりません。今では、CGが加えられてないSTAR WARSは売られていません。しかし最近、当時のCANTINAの場面をYOUTUBEで観ることができました。場所も、全ての宇宙人も作られ、CGが全く加えられてない世界は泥臭さと味があり、まさしく、手で作る事により魂が宿っております。 子供の頃から手塚治虫先生に影響され、火の鳥の鳳凰編を特に好み、幾つかの木彫り展、大仏展、日本美術に行っています。我々素人は展示会に行き、その出来上がった物に感動します。それ以上に、作るにあたり必要とする技術を職人の方から知ることが出来れば、尚更その手作業の繊細と大変さにより作品の凄さが分かるのではないかとつくづく思い、今回体験授業に参加させて頂きました。 何よりも本人に会い、様々な話ができ、また木彫りに関する疑問が解決できて良かったです。

男性 t.i

生き方の再確認のきっかけに。
趣味の範囲でのもの作りを長年してきましたが50歳を過ぎて今後の活動方針に迷い、もの作りを生業にしている方のお話を伺いたく参加しました。 お話しいただいた内容にはもの作りのみならずご本人の人生観も多く含まれ年齢が比較的近いこともあって共感を感じられることが多々ありました。日頃心に浮かんでも日々を乗り切るために脇へ追いやったり非現実的と行動に移さないことも、ここに同じように感じたり考えて実際にそのように人生を送っている方がいると知れると自分の思いや考えも非常識・非現実的なものではなかったのだなと思えて心強さを感じました。 所狭しと工具や材料の並ぶ工房はもの作りを能くする人間にはなじめる雰囲気でしたし面白がりで親しみやすいお人柄もお話を伺っていて心地よく、お茶やお菓子のもてなしを頂いたのも大変嬉しいものでした。 期待以上に得るものの多い嬉しい体験になりました。今後自分なりの生き方を求めていく参考にさせていただきます。ありがとうございました。 余談ですが私以外の参加者は20代の若い方ばかりだったのですが、折角の機会なのだしもっとたくさん質問をすれば良いのになと感じました。

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP