日程固定旅行
千葉県
9月3日(日)開催
募集終了まで残り 10

「半農半X」生活14年。いなか暮らしの先駆者だから伝えられる「農」のリアル
- 農に関わり、理想の暮らしを目指す移住者になる旅 -

開催日程:
申込人数:
合計金額:10800円

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

オリジナルTシャツ 亀吉

2003年、都内から千葉県いすみ市へ家族で移住。地に足の着いた暮らしを目指し、自分たちの食べる分のお米と野菜を自給するため田んぼと畑をはじめる。アパレル関係の仕事をしていた経験を活かし、田んぼを手伝ってくれた友人のために「NO RICE NO LIFE」(お米のない人生なんてありえない)をキャッチフレーズに米Tをつくり、贈りはじめる。Tシャツが評判になり、友人から声をかけられるようになり、2005年より本格的に販売を開始。現在は、セミオーダーのTシャツや、前掛けやトートバックなどのグッズの販売も行っている。
プランナー:三星千絵

こんな人にピッタリ!

・田舎暮らしに興味がある
・農的な暮らしをしてみたい
・自分らしい働き方を探している

自給自足を経て、行きついた今の暮らし。憧れのいなか暮らしとは。


「都会を離れて、自然を身近に感じる暮らしをしてみたい」。
今回の旅のホストは、そんな夢を実現した小畑麻夫さん。2003年に夫婦で千葉県いすみ市に移住しました。当時はまだ、田舎暮らしは定年退職した人の第2の人生を楽しむものという考えが多い時代。若い夫婦が移住を検討するには、十分な情報がありませんでしたが、「自分たちの食べるものは、自分たちでつくりたい」という想いで、畑と田んぼのある古民家に移り住みます。

ほどなくして、「半農半X」という考えが少しずつ広がっていきました。「半農半X」とは、自分たちの食べる分を自給し、残りの時間を自分のやりたいことに費やすという生き方。農のある暮らしをしながら、自分が大切だと思うこと、大好きな仕事をすることで、精神的に満たされるという暮らし方は、小畑さんがすでに目指し実践していたこと。「米Tシャツ」が誕生し、「半農半Tシャツデザイナー」として、注目されるようになりました。

「いなか暮らし」をはじめて14年。様々な転機がある中、今なお、ここで暮らす小畑さんのお話は、今後、自分が大切にしたいことへの気づきがあるはず。今回の旅を通し、「半農半X」とは何か、自分にとっての理想の暮らしと仕事は何か、そのヒントを見つけられることでしょう。
続きを見る

米Tシャツ、農産物直売所の仕事。すべては「農」に関わること。

元々アパレルの会社に勤めていた小畑さんは、お世話になっている友人たちにお礼ができればと2004年の秋、お米の収穫に合わせて「米Tシャツ」をつくりました。「NO RICE NO LIFE」(お米のない人生なんてありえない)というメッセージと共に、そのTシャツが評判を呼び「お店で販売させてもらえないかな」と声をかけていただくようになります。今までの自分の経験を活かした結果、「半農半Tシャツデザイナー」という新しい肩書が生まれました。

長年の暮らしの中で、子どもが生まれ環境が変わり、大きな変化がありました。古民家を出てしまったこともあり、田んぼや畑もやめてしまいます。しかし、現在は道の駅「あずの里いちはら」で農産物直売所の責任者として地元の「農」に関わっています。

農産物直売所のお仕事は、野菜の袋づめ、陳列準備、品出し、レジフォローなどその仕事は多岐にわたります。農家さんとの交渉、パートさんのシフトの調整や給与計算も責任者としての仕事です。地域の道の駅ということもあり、行政とのやり取りもあります。地元の農家さんとの接点も多く、地域の農業がとても身近に感じることができます。自分も米づくり、野菜づくりをしていたため、その仕事の大変さも、その課題も自分ゴトとして感じることが多いのです。

自分自身のライフスタイルの在り方。自分で道を選ぶこととは。

今回の旅では、農産物直売所での仕事を体験しながら、小畑さんのこれまでのお話を伺います。

自らお米をつくったり、畑を耕し野菜をつくることだけが「農」に関わることではない。農産物直売所での仕事を通し農家さんを支えることも、そして米Tシャツでお米をつくっている人を応援することも「農」に関わることなのではないかと、小畑さんは言います。月日を経て、自分の中の『「農」に関わる』考え方も大きく変わりました。

「都会で暮らしていたあの頃はそれなりの地位や収入があって、世間から見れば『勝ち組』とみられていたのかも。でも、収入が減っても、心が豊かな暮らしがあればそれでいいのかもね。」。様々な変化を経て、家族とともに自分で選んだ道を歩む小畑さんのお話は、これからの自分のライフスタイルを考える上で大事なことを教えてくれることでしょう。

旅のスケジュール

11:00 START
仕事旅行のスタートです。
道の駅「あずの里いちはら」集合
※電車の方は小湊鉄道「上総三又」駅 10:38着
オリエンテーション
・自己紹介、参加理由など
仕事の説明
・-農産物直売所の仕事、道の駅の役割
(昼食をとりながら)暮らしや仕事についてのお話
・移住の経緯、移住後の実際の暮らしについて
・田んぼや畑について
・仕事のおもしろさ
・この仕事に就いた経緯
※昼食は持参いただくか、道の駅内でも購入ができます。
仕事体験(1)直売所の仕事
・野菜の袋づめ
・陳列準備、品出し、
・レジフォローなど
仕事体験(2)Tシャツデザイナーの仕事
・これまでの活動について
・イベント出店について
・いなか暮らし、古民家暮らし 、地域とのかかわりについて
旅のまとめ
・旅の感想、気づきの共有
・小畑さんから一言
※電車の方は小湊鉄道「上総三又」駅までお送りします。

開催概要

定員: 2名 (最少催行人数: 1名以上)

最少催行人数について

時間: 11:00〜16:00 5時間00分

締切: 催行日3日前締切

場所: 道の駅「あずの里いちはら」

地図を表示
開催日程:
申込人数:
合計金額:10800円

興味がある
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人はこんな旅にも参加しています

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP