日程固定旅行
日程調整中

グラフィックファシリテーターから学ぶ、ビジネスの問題を絵心から解決する方法。
- グラフィックファシリテーターになる旅 -

現在募集しておりません。

グラフィックファシリテーター®

やまざきゆにこさんが創った職種名です。2008年に商標登録。2006年に活動をはじめ、数名から数百名まで、さまざまな規模の会議を400近くも支えてきました。やまざきゆにこさんが立ち上げた会社「株式会社ユニファイナアレ」は、いつも絵筆を通して念じている「Unify(1つになあれ)」という想いから。
プランナー:河口茜

こんな人にピッタリ!

・組織やプロジェクトのマネジメントに悩んでいる
・新事業、新商品など、新しい価値創造を求められている
・会議がいつもモヤモヤを抱えたまま終わってしまう
言葉と文字に次ぐ、第三のコミュニケーションツール・グラフィック

「グラフィックファシリテーター®」という職業をご存知ですか?会議に立ち会い、壁に貼り出した模造紙に、議論の内容をわかりやすい絵で描き出していきます。

「グラフィックファシリテーター®」はやまざきゆにこさんの登録商標。2006年から活動を始め、これまで400近くの会議をグラフィックで支えてきました。

グラフィックは、言葉と文字だけでは伝えきれないことの多いビジネスの現場を中心に、第三のコミュニケーションツールとして導入されています。扱うテーマは幅広く、企業の事業戦略からビジョン策定、人材開発の各種研修、組織や働き方改革、商品やサービスの新規開発、ブランディング、コンセプトづくり、生活者のインサイト調査や、社会課題や地方創生から新規事業を生み出す議論の場など。本当にさまざまですが、共通するのは、多様なバックグラウンドを持つ参加者が、未来志向で議論をする場。そこで参加者同士のバラバラな思いや認識をつないでいきます。

「議論の中身を単に絵にすることに留まりません。絵から見えてきたことをフィードバックしています。例えば、話し手は納得したつもりになっているけれど、絵にならないことや違った絵が描けてしまったことなど。そして新たな対話を生み出しながら、グラフィックを叩き台に、参加者の方たちと“本当の問題”をあきらかにしていきます」

会議でリアルタイムに描いているグラフィックは「正しい議事録ではない」とのこと。

「会議の参加者やプロジェクトメンバーが、思いを一つに、“本当に進みたい未来”を見つけて、そこに向かって走り出していく。そのためのタタキ台に過ぎないんです」
続きを見る

会議の行方を左右する事前設計を体験する

やまざきさんは会議やプロジェクトを「絵空事で終わらせない」議論に導くことにこだわっています。

そのための秘訣は「事前設計が9割」なのだそう。

「よく誤解されるのですが、大切なのは“描く”ことよりも“聴く”こと。さらには“どんな言葉を発してもらうか”。つまり、どんな話し合いをどう導くかという“事前の設計”が鍵なのです」

議題はもちろん、どんな参加者がいるのか、どんな問題を抱えているか、どんな未来が理想なのか…と「絵になる話し合いをどう導いていくか」を考えながら、ひとつひとつ仮説を立てて会議へ臨みます。

「私が目指しているのは、“本当に進みたい未来”への道筋を“最短で”つくることです。そのためには“本当の問題”をあぶり出さないといけない。そこで会議では、まずはネガティブな気持ちをすべて吐き出してもらうことから始めます。モヤモヤしていることや、言葉にうまくできないけれど、なんとなく感じていることでいいんです。そんな普段の会議では議論されない曖昧なことこそ、すくい上げることができるのがグラフィックであり、そこにじつは“本当に進みたい未来”が隠れています」

旅の当日は、普段は見せることの無い、会議の事前設計のウラ側に触れられる一日です。やまざきさんが手がける会議は、進行を務めるファシリテーターと二人三脚で行いますが、そのときに使用するのが「事前設計シート」。その3枚のシートを使って、参加者の組織やプロジェクトでの悩みや問題を扱いながら、そのヒントを盗んでいただきます。

絵空事でも綺麗事でもない、本当に望む未来への道を見つける

やまざきさんが大切にしている「絵心」とは、グラフィックのスキルではありません。参加者の気持ちを汲み取り、議論の内容を頭の中に思い描けることです。組織やプロジェクトを導く多くのリーダーたちは、そのような能力を持っているのだといいます。

ですから、この旅では絵を描く体験はありません。代わりに、やまざきさんが「真の問題解決」のために心がけている手法に触れることができます。もっと活気のある組織にしたい、新しい価値を生み出したい、より有意義な議論がしたい、マンネリの会議を打破したい、そう思っている方なら、きっとそのヒントが得られるでしょう。

ビジネスの議論は、理詰めで完璧なロジックが求められ、左脳を使って行われることがほとんどです。ここにグラフィックという右脳を使うツールを持ち込むことで、議論や参加者にはどんな変化が起こるでしょうか?会議がモヤモヤしている原因や、問題を抱えている組織の未来への糸口が見えてくるかもしれません。

明るい未来へ進むきっかけに、グラフィックファシリテーターの思考に触れる旅に参加してみませんか。

体験スケジュール及び内容


時間行程体験内容
14:00開催場所集合
オリエンテーション・自己紹介1)やまざきさんから(この仕事に就いた経緯/理由)
2)参加者から(参加した訳/持ち帰りたいこと)
14:30仕事を知る(1)1)グラフィックファシリテーターの基礎知識を知る
 ・過去の事例の紹介(絵巻物の見学)
 ・仕事の内容や流れ/導入すると会議はこう変わる
2)グラフィックでビジネスの問題を解くとは?
(9つの表情/ネガポジ曲線/課題ではなくモヤモヤ/絵巻物思考/だれにでも絵心はある)
15:30仕事体験(1)グラフィックファシリテーター®の頭の中をプチ体験
・参加者のみなさんが組織やプロジェクトを率いていて困っていることモヤモヤしていることを題材に
休憩
16:00仕事を知る(2) 1)事前設計の裏側の話
2)「ウラ設計3枚シート」とは
16:30仕事体験(2)グラフィックファシリテーター®の事前設計をプチ体験
17:30働き方の話絵筆が教えてくれたこと/この仕事の醍醐味/天職との出会い方
 ・ビジネスの現場にワクワクすることに敏感になれる絵心が今求められている
旅のまとめ1)参加者から旅の感想、気づきの共有 
2)やまざきさんから一言
18:00仕事旅行終了
現在募集しておりません。

オススメ新着旅

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人はこんな旅にも参加しています

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP