日程フリー旅行
毎日開催

ベトナム旅行中に1日働いてみる。世界遺産の港町、ソーシャルカフェで地元な交流を
- カフェ店員になる旅 -

現在募集しておりません。
プランナー:内田靖之

こんな人にピッタリ!

障がい者雇用に関心のある方
海外で働きたい方
現地の人と触れ合う海外旅行がしたい方

旅のホストと仕事ガイド

Duck Café

ベトナム・ホイアンにあるカフェ。
現地の聴覚障がい者・知的障がい者を雇用し、自立を応援しています。
マネージャーを務めるのは、日本人の野口かな子さん。
オーガニックダックのお料理や、和のテイストを加えたベトナム料理、こだわりのベトナムコーヒー&日本茶が人気です。
ベトナム中部に位置する世界遺産のまち・ホイアン。色とりどりのランタンに飾られたふるい街並は情緒があり、観光地として人気を博しています。

その一角に、現地の障がい者が働くDuck caféというソーシャルカフェがあります。メニューを開くと、ダック料理やベトナム料理のほか、日本茶の表記も。内装も少し、和を感じるテイストです。

ここのマネージャーを務めるのは、日本人の野口かな子さん。日本の飲食店で働いていましたが、ひょんなことからこの店のオープニングを任されることになり、2013年にホイアンへやってきました。

この旅では野口さんと一緒にカフェのランチを食べながら、「海外でお店を出す楽しさと大変さ」「障がいのあるスタッフと仕事をする喜び」についてお話を伺います。

もちろん、現地スタッフとの交流の時間もご用意しました。簡単な手話を覚えて自己紹介をしたら、聴覚障がいを持ったスタッフから揚げ春巻きの仕込みやお土産のミサンガ作りを教わります。また、野口さんと一緒に障がい者支援施設も訪問します。

楽しく、かつ学びに溢れた1日が、あなたを待っています。
続きを見る

海外でカフェを開くなんて、思ってなかった。

Duck caféは、日本とベトナムで人材育成コンサルティングを行っている株式会社HRIのソーシャルビジネスとして企画されました。野口さんは、メニューや内装を考えるオープニングスタッフとして、期間限定のつもりで参画。しかし、途中でマネージャーが辞めてしまったため、急遽マネージャーに就任することに。

飲食店での勤務経験はあったものの、経営も、海外に来るのも、障がい者と一緒に働くのも初めて。しかも、ベトナム語は喋れず、英語もそれほど得意ではないという状態からのスタートでした。日本語が上手なベトナム人スタッフに助けてもらいながら、ほかのスタッフとコミュニケーションをとってきたといいます。

最初はベトナム人を真面目に働く日本人のように教育しようとしましたが、それでは反感を買うだけだと気づき、方向転換。まずは一緒に遊びに行き、親しくなることから始めました。地元の言葉がわからない野口さんは、ベトナムでは言語障がいがあるような状態。自然と、お互いができることを補い合い、教え合う関係になっていきました。

野口さんの話を聞いていると、「経験がないから」「言葉が喋れないから」と諦めるのではなく、「じゃあどうしたらいいだろう?」と考える姿勢が大事なんだな、と思えてきます。

障がい者と働くって、楽しい。

野口さんはベトナムに来る前に、日本のソーシャルカフェで研修を受けました。障がい者と働いて感じたのは、「楽しさ」だったといいます。

「何でも素直に一所懸命取り組むので、一緒にいて気持ちがいいなと思いました。上手くできなかったことができるようになる瞬間を見ていると、こちらまで嬉しくなるんです」と野口さん。

Duck caféは現在、健常者数人と、聴覚障がい者2人、知的障がい者1人で回しています。“支援している/されている”という気負いはあまりなく、フラットに仲がいいそう。店内では手話で冗談が飛び交い、仕事帰りにカラオケに行くことも(みんなが歌っている間、障がい者たちは踊るのだとか)。

そうした風通しの良さのおかげか、お客様から「接客がいいね」と褒められることが多いといいます。

彼らと半日一緒に過ごすことで、「障がい者と働くこと」がどういうことか、リアルに実感できると思います。簡単な手話や片言の英語/ベトナム語で会話が成立したときは、きっと「通じた!」という喜びを感じられるはず。

体験スケジュールおよび内容

時間行程体験内容
13:00Duck Cafe 到着
オリエンテーション1)ご挨拶と自己紹介
2)Duck Cafeの説明
 ・Duck Cafeの立ち上げの経緯
 ・障がいを持った方の雇用のこと
 ・メニューのこと
※ランチを食べながら
14:30仕事の説明1)職場案内・スタッフ紹介
2)コミュニケーションの方法について 
 ・簡単なベトナム語手話を覚え、自己紹介
3)本日お願いする内容について
 ・仕事の種類など
15:00仕事体験1)簡単な業務体験
 ・揚げ春巻きの仕込み
 ・お土産品のミサンガ作り
16:15障がい者施設訪問近隣の施設を訪問します
体験のまとめ1)体験の感想
2)質疑応答
17:30仕事旅行終了

仕事旅行でできること

・アジアでお店を開くことのリアルを学ぶ!
「ハードルが高いと思うかもしれないけど、家賃や人件費等を考えると、アジアのほうが挑戦しやすいかもしれません」と野口さん。日本人であることや経験が武器になることも多いそう。日本に窮屈さを感じているなら、アジアに出るのもアリかも!?

・ベトナム人スタッフ、障がい者スタッフとの交流
ただ観光するだけでは、地元の人の暮らしや考え方、人柄を知るのは難しいもの。スタッフたちといろんな話をして、ぜひ仲良くなってください!

・揚げ春巻きの作り方を伝授してもらう!
タロイモの入った揚げ春巻きはホイアンの人気料理。仕込みを手伝ってレシピを覚え、家族や友人に披露してください!旅した土地の料理が作れるようになるって、素敵だと思いませんか?

・一緒に編んだミサンガをお土産に
お店で販売しているミサンガ作りも、聴覚障がい者スタッフの大事な仕事。作り方を教わりながら、一緒に編んでみましょう。思い出とセットになった、大事なお土産になるはずです。

・現地の障がい者支援施設を訪問!
ベトナムでは、戦争の影響や医療の遅れにより障がい者になる人も多いといいます。現地の障がい者支援施設を訪問しながら、ベトナムと日本の障がい者を取り巻く環境の違いを学びましょう。

・ホイアンの観光情報を教えてもらう!
障がい者支援施設までは徒歩15分ほど。ホイアンのまちを歩きながら、野口さんがおすすめのお店等を教えてくれます。現地で暮らす人の生の声は、どんな観光ガイドブックよりも参考になるはず!

・ダック料理を味わう!
この旅はランチの時間に行います。ぜひ、日本では珍しいオーガニックダックを使った料理や、ベトナム人が点てた抹茶ラテをご賞味ください。

ホイアンってこんなまち

ベトナム中部にある、美しい街並の世界遺産都市。至るところにランタンが吊るされ、夜は幻想的な雰囲気を醸し出します。旧市街はみどころがいっぱいで、一日居ても飽きません。仕立て屋さんが多いので、スーツやワンピース、靴のオーダーメイドをするのもおすすめ。治安はそれほど悪くありません。

アクセスはダナン空港からタクシーで約30分。価格は30〜45万ドン(大体2千円前後)。バスもありますが、2時間程かかるし予約が少々面倒なので、初心者の方にはタクシーがおすすめ。ホテルに送迎をお願いしてもいいと思います。

ホテルは一泊千円〜2千円程度。もう少し奮発すれば、プール付きの豪華ホテルにも泊まれます。ちなみに仕事旅行社が泊まったThe Corner HomestayはDuck caféから歩いて5分。安いけど朝食のメニューがたくさんあってアットホームで、いい宿でした。ご参考までに!
ザ コー​​ナー ホームステイ

現在募集しておりません。

オススメ新着旅

このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP