2016年03月29日更新

人生の“プラチナカード”を捨てて私が得たもの。直感と突撃でゆとり一期生がバリキャリ女子に

新卒で優良企業に就職! という働き方の選択肢は、ときに人生の「プラチナカード」と呼ばれることもあるようです。しかし、周囲からは恵まれているように思えるポジションを捨て、新しい世界に突撃することで、思い描いていたキャリアを手に入れる人もいないわけではありません。

おカタイ仕事の代名詞とも言えそうな銀行員から、180度違うイメージもある“コピーライター”に転職した戸谷早織さんが、自身の体験談を執筆してくれました(「シゴトゴト」編集部)。

25歳の夏、私は銀行を辞めた


次の就職先のあてはなかった。

春めく季節が終わる頃、辞める決心だけは頑なに持っていた。はじめての辞表、はじめての退職。行き先もなく、これから彷徨うのだろうか。3 年前、真っ白なシャツにウデを通したとき、まさか自分がそうなるとは思いもしなかった。

そもそも、私は銀行員になりたかったわけではなかった...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年03月29日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
副業OKどころか"推奨"の学生人材バンク。日本一人口が少ない鳥取県で、先進的な「人と仕事のマッチング」プログラムを作る
就労だけがゴールじゃない。うつ病の自立訓練施設で「自分のあり方」への気づきを促す

Follow Me!


PAGE TOP