2016年03月22日更新

“個性のなさ”を強みにして人気ブランドに。長崎「波佐見焼」の現場でディープに時代を読み解く

こんにちは。仕事旅行社の内田です。

先週から 「未来へつなぐ長崎の手仕事」というテーマで、長崎県を舞台に3つの伝統工芸の魅力に触れる旅の募集が始まりました。江戸時代に日本唯一の貿易港として開かれた歴史を持つ長崎。そこで生まれる伝統工芸品は、東洋文化と西洋文化が混じった異国情緒が魅力となっています。

なかでも、長崎県波佐見町で作られる「波佐見焼」は、北欧食器のようなモダンなデザインが人気を呼び、近年、国内外から大きな注目を集めています。波佐見町に訪れると、昔の製陶工場の跡を現代風にアレンジしたカフェや雑貨店が立ち並び、街を歩くと、道路や橋の手すりなど、街の至る所に磁器の存在を感じることができます。

そして、その波佐見の街で感じることのできる「時代の流れ...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

仕事旅行ニュウス: 2016年03月22日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP