2015年11月11日更新

「新嘗祭」「太占」「禰宜」etc... 神社の難読漢字、いくつ読める?

仕事旅行社インターンの島田です。このコーナーでは、私が心から参加したい仕事旅行の職業体験をピックアップしていきます。

最近会社でミーティング中に、「神主になる旅」の話題になったとき、代表の田中翼が「注連縄」という言葉を目にしてひと言。

「へぇ~、これで”しめなわ”って読むんだ」。

神社などに見る「しめなわ」は、「注連縄」「七五三縄」などと書きます。

調べてみたところ、ほかにも神道に用いられる言葉には馴染みのない難読用語がたくさん。スタッフ一同「読めない!」「難しい…」の連発で、あらぬ方角にミーティングが盛り上がることに。

あまりに興味深かったので、今回は仕事旅行社スタッフが読むのに苦戦した「難読神道用語ベスト10」をピックアップしてみました!

さて、みなさんは次の10の言葉のうちいくつ読めるでしょう? 意味までわかったら神社で働けるかも!


記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

仕事旅行ニュウス: 2015年11月11日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
ゲストハウス、地域づくりetc.「企画力×サービス力」のクリエイティブ集団で、世界にひとつのサービスを実現しよう!
海を越え、多様なプレイヤーと共にモノづくりに挑む。中国・メキシコに拠点を持つ金属プレス加工会社が営業職を募集。

Follow Me!


PAGE TOP