2022年01月13日更新

【富山特集】地元で愛される「すずらんラーメン」。味わえるうちにこの1杯を。後継者候補も歓迎!

北陸新幹線開業から6年。首都圏から行きやすくなった富山。その見どころは新鮮な海の幸や古い町並み、自然の景観だけではありません。観光客には知られざる珠玉の仕事場が存在します。

この富山特集では、現地で体験できる「きときと!」の仕事旅行をご紹介。1回目は「すずらんラーメン」です。


富山で22年の歴史を持つ店から学ぶ、「地方でラーメン屋を営む」という働き方ーラーメン屋になる旅 ー


「あいの風とやま鉄道」富山駅から一駅、呉羽駅からから1.6kmほど離れた国道沿いに「すずらんラーメン」はあります。

13時間煮込んでいるという「豚骨ラーメン」や、豚骨スープを使ったカレー、その他「牛スジラーメン」や「モツラーメン」、「鳥皮ラーメン」などのオリジナルメニューがあり、地域の方から愛されるお店です。

店主は、小林昇(のぼる)さん。富山で寿司職人として10年ほど働いたあと、22年前にハイエースを改造したトラック屋台でラーメン屋を始めました。



この旅では、ラーメン屋の仕事に触れながら、小林さん夫婦の思いを聞き、「地方でラーメン屋を営む」という働き方について知ることができます。

まずは、「すずらんラーメン」の歴史や仕事の概要を聞いたあと、ラーメン屋の仕事を見学。その後、実際にラーメン屋の仕事の一部を体験。さらに小林さんから、味へのこだわりや「地方でラーメン屋を営む」ことについて話を聞いてみましょう。

残念ながら、小林さんご夫婦は閉店も検討されているそう。近いうちにこの1杯を味わえなくなる日が来てしまうかもしれません。今回の旅行で興味を持てば、「後継者として名乗りをあげることも歓迎」とのことでした。

★詳細とお申し込みはコチラ→https://www.shigoto-ryokou.com/detail/764

★仕事旅行の富山特集→富山の街並みに美しく映える珠玉の仕事を見つけに行こう。
仕事旅行ニュウス: 2022年01月13日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

自宅で仕事旅行!

いろんな仕事のストーリーに感動し、ノウハウも学べる
【ONLINE開催】プロ仲人に学ぶ究極のマッチング。「価値観の違い」に着目する凄腕カウンセリング
【ONLINE開催】彼女はなぜ20代で油屋「ablabo.」を営み始めたのか? うっとりするほど綺麗で美味しい植物油の魅力
はたらき方の「どこでもドア」。仕事旅行ONLINEはコチラから

Follow Me!


PAGE TOP