2020年08月26日更新

こどもをこども扱いしない。キッザニア創業メンバー2人が語る「体験価値」のつくり方【続編】 仕事旅行TV! vol.10

仕事旅行にゆかりある素敵なゲストを毎回お招きして、「仕事」に関するあれこれをときにアツく、ときにゆるく語り合うはたらき方トーク番組。

前回に続いて、キッザニアの創業メンバーのお二人に、体験価値をつくるコツやヒントを学びます。

3~15歳のこどもを対象に、楽しみながら社会のしくみが学べる「こどもが主役の街」として知られるキッザニア。約100種類もの仕事やサービスが体験できるこの事業は、どのように生まれ、育まれていったのか。

①こどもをこども扱いしない
②リアルにこだわる
③仕事の本質を伝える

3つのポイントからお話いただきました。

ゲスト(元キッザニア創業メンバー):
しみず みえ(こども×おとな×しごとプロジェクト代表)
相嘉 優公子(imaginativa プランナー・プロジェクトマネージャー)
聞き手:田中翼(仕事旅行社代表)

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
一人ひとりの個性が集まって面白い、そんな社会がいい
好きなだけ集中してOK!黙々と手を動かし、一生モノの技術を手に入れる

Follow Me!


PAGE TOP