2016年01月21日更新

不器用さん歓迎のフラワー教室!ハンドメイドを仕事にするためのヒントも

こんにちは、インターンの島田です。

昨晩ふと見たテレビで取り上げられていたのは、鎌倉に店を構えるケーキ屋さん。素敵にガーデニングされたお庭を通った先にあるおうちで、手作りのケーキを販売しているおばさまが元気にお話していました。

その方はお子さんの誕生をきっかけに、「自分の子には本物を食べさせたい」とお菓子を手作りするようになったところ、友人の間でも評判となり開業に至ったそうです。

自分が好きなこと、趣味でやっていることが、こうやって仕事になることもあるのだなあと感じました。

「副業」あるいは「専業」として、最近はハンドメイド作品をネットなどで販売する人が増えていますが、作家として収入を得たり、自身のさらなるスキルアップを目指したり、ネットワーク作りの一環として教室運営を始める人も多いと聞きます。

スクール運営やPRのノウハウもレクチャー


でも、いざ開業となれば作る技術だけでなく販売や経営の目線も必要。どんな人に何を提供したいか、自分がどの程度できるのか…いろいろと不安はつきものですよね。

そんなとき、おすすめしたいのがエレスタイル東京のお花教室の経営者になる旅です。今日はこちらの旅でどんなことができるのか、ご紹介します!

エレスタイル東京の旅の紹介ページ、トップをかざる写真は白やピンクのローズたちです。フラワーアレンジメントなんて、素敵な趣味になりそう…と思ってクリックすると驚き。実はすべて造花だそう!

この「お花教室の経営者になる旅」では、人工の素材で生花をリアルに再現する「アーティシャルフラワー」のアレンジを教えてもらえるだけでなく、スクール運営やPRのノウハウもレクチャーしてもらえます。いわば”教室の教室”ですね。


ホストの大久保絵梨さんは大手航空会社の客室乗務員として働いていたところ、偶然ドイツで出会ったアーティフィシャルフラワーに魅せられてスクールへ通うことに。

しかし、スクールに通っていた頃はお花超初心者であったため、一度の説明では理解しきれなかったり、テクニックを覚えられなかったり——といったもどかしさを実感したそうです。

そんな経験を活かし、お花の初心者でも安心して通えるようにと、独自にレッスンカリキュラムを研究。エレスタイル東京を立ち上げました。「初心者・不器用さん専門」をうたうレッスンが人気です。

教室運営に必要な経営・PRの目線


この旅ではアーティシャルフラワーの魅力を体験してもらうことはもちろん、カリキュラムの作り方や教室運営などについても解説して頂くことができます。

大久保さんによると、教室を開こうと決めてまず考えるのはターゲットだそう。自分は誰のためにレッスンを提供するのか? どんな人に来て欲しいのか? そこが決まって初めて軸が定まり、その後の運営・集客につながります。

そのほかにも

●個人事業の始め方
●必要な手続きについて
●なぜ開業するのかを明確にする
●教室のコンセプト
●ホームページ・ブログ・Facebook作成などSNSについての知識・作成方法と活用方法
●集客方法
●ニーズが高いレッスンの作り方
●PDCAサイクルの回し方

などなど…もりだくさんの仕事旅行です。教室運営のノウハウを学ぶことで、ハンドメイド作品の販売やプロモーションなどのヒントも得られるかもしれません。

【仕事旅行の体験はこちら】
お花教室の経営者になる旅
初心者&不器用さん専門のお花教室。開業・運営のアレコレ教えます

仕事旅行ニュウス: 2016年01月21日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年夏の新ゼミ生>募集中!2019年7月~9月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP