2020年03月04日更新

焼き鳥屋「鳥清」の味は三代の店主とお客さんに受け継がれているー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.22

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に”ずーっとあるお店”にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。今回は鳥清へ。(編集部)

20代で跡を継ぎ、40歳から岩手の酒造に修業に行きました


鳥清さんは千駄木の動坂近く、不忍通りに面した焼き鳥屋さんである。ここの主人の保司さん、やっちゃんは、私と文京区立第一幼稚園と誠之小学校で同学年だった。同じクラスになったことはないが、家が近く、バスで一緒に通ったりしていた。

そのよしみで地域雑誌「谷中・根津・千駄木」の第二号に広告を出していただいて以来、26年間、最後まで出してくれていた。ここでクラス会を開かせてもらったり、母と二人で焼き鳥を食べに行ったり、淡い...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2020年03月04日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
環境問題を解決する日本最先端のモデルを、大分でつくろう!循環型社会を実現する地域プロデューサー募集!
二拠点居住でマグロの魅力を発信。マグロ目利きの達人と共に、マグロを消費者へつなぐ営業プランナー募集(滞在費無料)

Follow Me!


PAGE TOP