2020年01月22日更新

牧野兄弟商会オーナー・文蘭さんの「泣いてる場合じゃない」半生ー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.20

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に”ずーっとあるお店”にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。今回は牙彫の"根付"やアクセサリー類などを扱う「牧野兄弟商会」へ。(編集部)

日・中・英の3か国語に堪能な女性オーナー


谷中にはその昔、谷中派といわれるくらい牙彫(げちょう。動物の牙、とくに象牙を用いた細工物)の職人が多かったという。

江戸時代、仏師という職業があったが、明治に入ると新政府が神道を保護、優先したため、廃仏毀釈運動が起こり、寺は衰微した。谷中あたりでも無住になったり、廃寺になったりした。

それとともに仏像彫刻を依頼する人はいなくなり、仕方なく仏師たちは象牙に細かい...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2020年01月22日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
アパレル・化粧品販売員がプロの大工に。未経験者も手に職を。いい人集う渋谷のモノづくりベンチャーで働く
事業内容にこだわりなし。成長期のまちおこしベンチャーで地方再生を担う(滞在費無料)

Follow Me!


PAGE TOP