2019年02月06日更新

社交的ではない。ただ、会いたい人には会おうとするし、やりたいことはやるーギター製作家、清水優一さんを訪ねて(後編)ー

グループの中で力を発揮する人がいる一方で、1人で黙々と自身を磨くタイプの人もいる。ギター製作家、清水優一さんの歩んできた道は、そのことを思い出させます。

前編 では、15歳で志したギター製作家の仕事に19歳でようやくたどり着いた清水さんが、河野ギター製作所に住み込みで働き始めるまでのエピソードをご紹介しましたが、ここからはそれ以降、現在にいたるまでのお話を。

海外の著名ギタリストや製作家との交流を重ねることで、清水さんの世界が広がっていきます。

ジャマイカの伝説的ミュージシャンに自作ギターを届ける


15歳でブルースにハマっていた清水さんは、20歳を越えると音楽の興味をレゲエにシフト。レゲエが縁で知り合った人がジャマイカに長期滞在したことをきっかけに地球の反対側のジャマイカを訪ねた。2002年...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2019年02月06日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP