2019年02月04日更新

伝説のギタリストに魅せられた少年は15歳でギター作りを志したーギター製作家、清水優一さんを訪ねて(前編)ー

10代のころ、どんな職業に就きたいと思っていたか覚えていますか? 思いを大切に育みながら憧れの仕事を職業にし、その道を歩み続ける人もいます。

ギター製作家の清水優一さんもそんな一人。清水さんがギター作りを志したのは15歳のとき。なかなか開かない扉をノックし続けて製作会社に弟子入りし、32歳で独立。現在も自分の目指す"いい音"を探しながら、ギター作りに向き合っています。

そんな清水さんに、「やりたいこと」が仕事になるまでの物語をうかがってみたいと思い、工房を訪ねました。

1930年代のブルースを聴く渋すぎる15歳


「ギターを作る人になりたい」

ギター製作家の清水優一さんが両親にそう話したのは15歳だった1995年のこと。当時の清水さんは、今でいう不登校の状態だった。

小学校後半で学校に行かなくなったが、大きなきっかけはなかった。「なんとなく」と清水さんは当時を振り...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2019年02月04日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP