2019年02月15日更新

森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.4ー若い二人が引き継いだ「BAR 天井桟敷の人々」には悲喜こもごもの物語がある

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に"ずっとあるお店"にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。今回は37年前にオープン、藝大生たちも通うバー「天井桟敷の人々」さんに。(編集部)

根津の不忍通りに面したビルの2階、バルコニーからそのまま入れる場所に「天井桟敷の人々」というバーを見つけたのは、「谷根千」を始めて間もない頃だった。早速、雑誌を置いてもらうことにした。

普通、夜の居酒屋やバーに販売を委託しても、3カ月して行ってみると、どこかお酒の下に隠れていたり、お酒で汚れたりしていた。酔っ払って、また持ってかれちゃったわ、と支払いを渋る経営者もあっ...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2019年02月15日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP