2018年05月23日更新

地域おこし協力隊も"おためし"できる。山形県鶴岡市と仕事旅行の新しい試み【おためし転職】

「地域おこし協力隊」というものには賛否両論ある。

ご存知の方も多いと思うが、ざっくり言うと、これは過疎化の進む地域に都市部の人材を受け入れ、様々な地域おこし活動に従事してもらう制度。

地域によっても違いがあるが受け入れ自治体には、1人につき最大で年400万円が国から支給され、そのうち約200万円が隊員自身に支給される。月額にすると約16万6000円の報酬が得られる計算。

この地域おこし協力隊は成功とされる事例が出ている一方で、ミスマッチングや受け入れ態勢の不備などが原因で失敗したケースも多く報告されている。

ブラック企業ばりに隊員をこき使う自治体があったかと思うと、できるだけ仕事が楽そうな自治体を選び、採用後もできるだけ働かないようにして報酬は手に入れ続ける(意図的にそれをやる)"不良隊員"も稀にいるとか。

だが、本気で地域おこしに取り組みたい人や地域にとっては有意義な制度であり...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

仕事旅行ニュウス: 2018年05月23日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<20年4-6月の新ゼミ生>募集中!2020年4月~6月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP