2018年04月27日更新

4000人の遺影を撮影してきた写真家、能津喜代房。広告の世界を捨てて選んだ「遺影写真家」という生き方。(後編)

60歳の時に遺影専門の写真館をオープンして以来、4000人もの遺影を撮ってきた「遺影写真家」、能津喜代房さん。

広告写真を仕事にしている時代には、ストレスがあったという能津さんだが、遺影写真家の仕事をしている今はストレスがまったくなく、むしろ「すごく幸せなんです」と目を細めて語る。能津さんにとって「遺影を撮る」とは、どういうことなのだろう。後編では、能津さんの遺影写真に対する想いにせまる。

<前編はこちら。>
4000人の遺影を撮影してきた写真家、能津喜代房。広告の世界を捨てて選んだ「遺影写真家」という生き方。(前編)

遺影写真は100年後も残っているんですよ。


僕は40年くらい広告のカメラマンをやって、そのあと60歳で遺影写真館を開いたんですけど、正直今の遺影を撮る仕事って、カメラマン冥利に尽...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

仕事旅行ニュウス: 2018年04月27日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
【初心者OK】種をまいてロールプレイ。Gデザインの営業・施工管理技士という仕事
「人と仕事が自然と集まるんです」。ユネスコが認定した食文化創造都市・山形県鶴岡で"天職"を見つける(滞在費無料)

Follow Me!


PAGE TOP