2018年01月10日更新

株式会社和える代表の矢島里佳さんが語る、「自分的職業」と「社会的職業」の違い-仕事は人びとを幸福にするかvol.6-

仕事を通じて幸せな人生を歩むためのヒントを探る連載企画「仕事は人びとを幸福にできるか」。

第6回となる今回インタビューしたのは、株式会社和える(あえる) 代表取締役、矢島里佳さんだ。矢島さんは、「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年生のときに株式会社和えるを創業。翌年“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の伝統産業の職人の技を活かした、生まれた時から大人になってもずっと使える、引き継げるオリジナル商品を提供している。

そんな矢島さんは、2017年に著書『やりがいから考える 自分らしい働き方』を出版した。「自分らしい働き方」を実現することは、幸福に働くうえで重要になってくるはずだ。では、「自分らしい働き方」はどうしたら実現できるのか。矢島さんに話を聞いた。


自分的職業と社会的職業

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2018年01月10日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
20年間蓄積した「ネットで売る技術」を伝授。明治から続く長寿企業を急成長に導いた『みかん社長』に弟子入り
未経験から広告クリエイティブ業界への最初の一歩を。未知を楽しむマインドで、ハッチの仲間になってみる。

Follow Me!


PAGE TOP