2017年11月17日更新

【特集】いつも心に千葉の大地を。仕事旅行で体験できる"ほっこりディープ"なチバニアンワーク

いま話題の「千葉時代(チバニアン)」に便乗し、知られざる仕事の秘境「千葉大陸」の職業体験ツアーをご紹介。関東の中では冬も厳しすぎない千葉(房総)。今回は米と野菜、大地の恵みを糧とする"ほっこりディープ"な仕事にフォーカスしたい。

☆前編はこちら→【特集】きてるきてる千葉の時代が。仕事旅行で体験できる"チバニアン"な仕事たち(前編)

いすみ市の名産「いすみ米」を使ったおにぎり屋さん



のどかな里山が広がるいすみ市にある「おにぎり工房かっつあん」は、名産でもある「いすみ米」をつかったおにぎり屋さん。店主の坂本勝彦さんは、長年勤めた会社を辞め、50歳を目前にして脱サラ。長年考えていた「お米にまつわること」を形にしようとおにぎり屋さんを開業。

50歳を目前に新しい挑戦をした坂本さんの話を聞いていると、自分が忘れていた夢に挑戦したいという気持ちが沸いてくるかも?

☆仕事旅行:50歳を目の前に、営業→おにぎり屋へ。挑戦を支える原動力に触れる。

まずは動いてみること。「移住起業家」という新しい仕事を見に行く



太平洋を望む絶景や、海の幸で知られる千葉県南房総市白浜町。そこにあるのが、廃校となった幼稚園・小学校を活用した多目的施設である「シラハマ校舎」。管理・運営をしているのは、多田朋和さん。2010年に東京から白浜町へ移り住み、次々と地域に根差した事業を立ち上げた。

地域に根差した多数の事業に挑戦する多田さんだが、なぜ、白浜という町へ移住し、しかもその地で事業を仕掛けていくのだろう? 多田さんの仕事に触れ、地方に暮らし、そこでやりたいことを実現していくための方法を見つけに行こう!

☆仕事旅行:地方で仕事を創るコツは、まずはじめてみること


エンジニアから野菜農家へ転身! 日常に畑がある生活のおもしろさ



四街道市ある野菜農家「キレド」は、エンジニアから野菜農家へ転身した栗田貴士さんが営む。「おもしろい」と「おいしい」にこだわり、世界各国の変わった野菜を中心に、年間150種類以上の野菜を生産。

この体験ツアーでは、変わった野菜達に囲まれて、野菜農家としての仕事を栗田さんと一緒に行う。作業を通して聞く野菜のお話や、収穫したばかりの野菜を使ってのランチは野菜の魅力がぎっしり。

☆仕事旅行:「おいしい」だけじゃない。野菜にも仕事にも「おもしろさ」が大切だ

No Rice No Life!「半農半X」という暮らし方に仕事のヒントを見つける



「都会を離れて、自然を身近に感じる暮らしをしてみたい」。そんな夢を実現した小畑麻夫さんは、2003年に夫婦で千葉県いすみ市に移住。移住してほどなく「半農半X」というライフスタイルが少しずつ広がりを見せる中、「米Tシャツ」を制作。「半農半Tシャツデザイナー」として注目を集める。

「いなか暮らし」をはじめて14年。様々な転機がある中、今なお、ここで暮らす小畑さんのお話は、今後、自分が大切にしたいことへの気づきがあるはず。

☆仕事旅行「半農半X」生活14年。いなか暮らしの先駆者だから伝えられる「農」のリアル

「千葉県で学べる・楽しめる!」仕事旅行を前後編にわたって紹介してきた。クールすぎる大都会の仕事に疲れたら、自然相手の厳しさはあれど温かい、千葉の大地に足を踏み入れてみてはいかがだろう?

記事:シゴトゴト編集部

仕事旅行ニュース: 2017年11月17日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おとなのインターン」へ

Follow Me!


PAGE TOP