2017年10月25日更新

突然の解雇通告への気持ち対策は“失意泰然、得意冷然”ー建築家・山嵜一也のコラム連載「イギリス人の割り切った働き方」vol.5ー

一年で一番憂鬱な月曜日「1月の第3月曜日」


2012年4月。上司が不敵な笑みを携えながら私のデスクに近づいてきた。嫌な予感。ロンドン五輪開幕まであと数か月。しかし、ここで私は解雇通告を言い渡されるのだろうか。様々な思いが去来する。

2016年に英国がEU離脱を問う国民投票で賛成多数となったが、その火種が顕在化したのは2011年後半に始まった欧州危機だった。英国では五輪が開催される2012年が明けたにも関わらず、その火種がいよいよ飛び火してきた。私が年末年始の日本への一時帰国から英国に戻り、出社すると全社員が地上階玄関ホールに集められ、解雇整理期間に入ると通達された。

ちなみにその日は1月の第3月曜日。一年で一番憂鬱な月曜日と英国では言われている。英国の冬の天気が悪い、日照時間が短い、クリスマスホリデーシーズンの散財、次の長期休暇であるイースターホリデーまで、しばらく連休がない、な...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2017年10月25日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
職人と共に世界にひとつの壁を創り出す「左官の指揮者」、左官ディレクターになってみませんか?
「塾の常識を覆す“あの塾”の教室長になって、世界にひとつの教室をつくろう!

Follow Me!


PAGE TOP