2017年08月26日更新

創業350年・金魚の卸問屋『金魚坂』の女将さん【前編】金魚は気じゃなく手と目を遣う。そんで一緒に遊ぶと丈夫に育つの

「金魚すくい」と言えば、夏祭りの縁日というイメージではないでしょうか。この時期はふと金魚を見たくなることもあるもの。でも、人ごみに行くのは嫌だなあと思い、インターネットで検索していると、東京都文京区は本郷にある「金魚坂」というお店のウェブサイトにたどり着きました。

金魚坂は、創業350年の金魚・錦鯉の卸問屋。金魚の販売をはじめ、常時、金魚すくいもできる模様。また、喫茶店が併設されているようです。

お店の歴史の長さにも驚きでしたが、ウェブサイトに載っていた動く女将さんのチャーミングなアイコンにも強く惹かれました。

女将さんに金魚の魅力を聞きたい、なぜ喫茶店をやっているかも聞きたい、そして、金魚すくいをしたい!という思いで、今回、金魚坂の女将さん・吉田智子(よしだ・ともこ)さんにお話を伺いに出掛けました。

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

ロングインタビュー: 2017年08月26日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP