2017年07月07日更新

知ってるようで知らない「花火師」という仕事。「たまや〜」の掛け声の由来は?ースキマな仕事から見える世界vol.16ー

夜空にぱ~っと広がる打ち上げ花火。夏の風物詩もこれからが本格シーズンです。

私たちは遠くから花火を眺めていますが、その裏では花火の制作や打ち上げを職業としている「花火師」たちの存在があります。そこで今回は花火師の仕事について調べてみました。ちなみに英語では花火のことを「Fireworks」と言うそうです。

花火師は、ほとんど世襲制。一人前になるには少なくとも10年修業!


危険がともなうイメージがある花火師。なるためにはやはり資格が必要なのでしょうか?

日本の花火文化を支える事業活動を行う「公益社団法人 日本煙火協会のウェブサイト」を見たところ、特に学歴や技術は必要ないそうです。

ただし、花火師と呼ばれるためには「煙火消費保安手帳」の交付を受ける必要があります。現在、交付を受けている人たちは、全国で...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2017年07月07日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP