2017年06月30日更新

名画「バベルの塔」に描かれた人数1400人! その人たちの職業を虫眼鏡で調べてみると

上野・東京都美術館で開催されている「バベルの塔」展(2017年7月2日まで)。CMや駅のポスターで、茶色く厳かな雰囲気の塔の絵を見た方も多いのではないでしょうか。

名画好きの私は、この春展示が始まった頃から、もう観たくて観たくて、この巨大な塔にひと目お目にかかりたくて、ウズウズしていましたが、ついに先日鑑賞することができました。

この絵の背景的なところをざっくり解説させていただきますと、今回、展示されている「バベルの塔」は、16世紀のブラバント公国(現在のオランダ)の画家、ピーテル・ブリューゲルが描いたもの。

「バベルの塔」はブリューゲル以外にも多くの画家が題材にしていますが、ブリューゲル自身、現存するもので2作品を描いていることが知られています。バベルはよほど当時の画家魂を揺さぶるテーマだったようですね。

今回展示されているものは、1568年頃に描かれた2作目のほう。日本では24年ぶりの展示と...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2017年06月30日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP