2017年02月17日更新

売上30億の社会起業家、ボーダレス・ジャパン田口一成氏に訊く (前編)「稼ぐこと」と「社会貢献」に国境はない

ひところに流行った言葉、「社会起業家」。この言葉を聞いて、貴方はどんなイメージを想像するだろう?「社会貢献」「奉仕の心」「ボランティア」―恐らくこういった決して「金儲け」とは程遠い言葉を思い浮かべることがほとんどではないだろうか。

だが、「社会貢献」も叶えながら利益を出す「ビジネス」として、事業を成立させる企業がこの日本にある。それがボーダレス・ジャパン(以下:ボーダレス)だ。創業約10年目にして今期(2016年度)は10事業で30億を超える売上をたたき出し、まだまだその勢いは止まらない。

彼らは事業の成果を示す指標として「売上」だけではなく、社会貢献にどれだけつながったかを以下のような「ソーシャルインパクト」という指標で可視化しているのが特徴的だ。

・オーガニックハーブのフェアト...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2017年02月17日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ