2017年02月06日更新

「大間のマグロ一本釣り」をめぐる3つのバトルースキマな仕事から見える世界 vol.14ー

年が明けると築地の「マグロの初セリ」が話題になりますね。縁起物でもある大マグロを、「だれがどれくらいの価格で落札するのか?」に注目が集まるわけですが、最高値のマグロは今年も「すしざんまい」などのチェーン店を展開する喜代村が6年連続で落札。

1匹のお値段は7420万円でした(212キロ)。ちなみに1キロあたりの価格は前年の5倍となる35万円です。

★参考記事:マグロ初セリ、最高値は前年5倍の7420万円(「日経新聞」より)

築地の初セリと言えばなんと言っても「大間産のクロマグロ」。大間のマグロ漁の模様を紹介する特番も人気ですね。そこで今回は巨大マグロと格闘する漁師の仕事について調べてみました。

大物との仕事は格闘である


まず大間とは、本州の最北端に位置している青森県の大間町(大間岬...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2017年02月06日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP