2015年12月10日更新

【体験レポ】東京仕事散歩スタート!フューチャーリストが語る2025年の「働き方」とは

インターンの島田です。新サービス、東京仕事散歩がついに始まりました!
私もさっそく『フューチャーリストに出会う散歩~これから10年の「ビジネス」と「働き方」について相談する~』に参加してきました!

東京仕事散歩とは、色んな仕事人さんたちに仕事についての話をたっぷりうかがうことができる「お気軽版の仕事旅行」。
ホストをつとめてくださるのは、近未来の社会、ビジネス、働き方について研究をする長沼博之さんです。

長沼さんは『ワーク・デザイン これからの働き方の設計図』や『ビジネスモデル2025』などの書籍を執筆されています。

今回は講義が聞けるだけではなく、キャリアやビジネスの悩みを個別にその場で解決してもらえるそう。なんだかすごそうですが、フューチャーリストってそもそもどんな仕事なんでしょう。始まる前からドキドキしていました。

前半 未来を見てきたように語る講義


参加者の自己紹介をひととおり終えた後は、「ビジネスモデルと働き方、そしてこれからの人間の社会」という長沼さんのお話が始まりました。

経営コンサルタントとして、業界を問わず様々な事業モデル構築、業績改善プロジェクトに携わってきた長沼さん。経験を積むにつれ、小手先のテクニックではビジネスの抱える問題の本質に向き合えないということに頭を悩ませるようになったといいます。

「会社のために考え抜いた施策が、結局は社会やその会社の従業員のためになっていない」という矛盾に直面した長沼さんは、一般社団法人ソーシャル・デザインでこれまでにないような広い視野で近未来を見据えたコンサルティングを行っています。

長沼さんが参加者に伝えたいのは、次の時代に向かって、多くの人がより良い働き方をするには何を考えるべきなのかということ。話をきいていると、自然に背筋がぴんとするようです。

「限界コスト」「エンジェルリスト」「プロボノ」etc--私が初めて耳にする難しい用語がポンポン出てきますが、スライドを見ながら少人数で直接お話をきいているためか、内容にギリギリついていくことができた気がします。

これまでの労働の多くは、ロボットやクラウドソーシング、オンラインワーカーが担うようになり、あと10年で既存のビジネスモデルは大きく変化するといったお話も、データを示しながら、まるで未来を見てきたかのようにリアルに語る長沼さんのお話には圧倒されるばかり。

長沼さんのお話は世界規模の未来を見据えた上で、大局的にビジネスや社会の位置づけを捉えて展開します。身の回りの狭い世界を追うだけだった私には、世の中の構造がクリアになってくる感覚があり、それがなんとも爽快です。

その他にも、「仕事における価値創造のレイヤー」について事例を交えて説明してくださったり、働き方やビジネスモデルにおける人類の進歩などのお話も興味深く聞きました。

「働き方」に関する多くの本がエリート層を対象に、スキルやお金もうけの話題にフォーカスしているいま、長沼さんは「より多くのはたらく人々にとって、実現可能なより良い働き方」を提案します。

インターネットで顔を見たことない人からお金を集めることすら可能になったいま、テクノロジーの進化と価値観の変化が生み出すのは、これまで考えられなかった新しい働き方。

事業アイデアを持つ社会人や個人事業主メインの参加者のなかで、社会人経験もない私には難易度が高いお話もありましたが、長沼さんの語るビジネスや未来のあるべき姿に共感できたのは、長沼さんの目指すところに人間性というか、忘れてはいけない「人としてのアツさ」のようなものがあるからだと思います。

「自己の快楽のためでなく、人のためにしたことの喜びでドーパミンの出る人間になれるか? がこれからは大切です」という長沼さんの言葉が印象に残りました。

後半 事業計画をブラッシュアップ


講義のあとは、参加者各自が持ち寄った事業計画を発表しながら長沼さんのアドバイスをもらいます。
シニアや社会人のために、大学講義の総合案内所を始めたいという大学生、故郷・山形の魅力を発信する支援の事業プランを見てほしいなど、渾身のビジネスプランが並びました。

ひとりひとりに20分ほどの時間をかけて、「顧客獲得コストの想定はありますか。検証が重要だから、まずは…」といった具合に、具体的なアドバイスが始まります。
参加者の事業プランをブラッシュアップする長沼さんの表情は、まさにコンサルタント真っ最中の仕事人のよう。

参加者の持ち込んだ企画書のなかの懸念点についても、その場のだれも思いつかなかった発想を次々と提案する長沼さんに対して感嘆の声が上がります。
事業計画を練ってきたという参加者たちはみなさん、ほかの人が提案した事業に対しても自分だったらどうするか、と真剣な意見交換が行われるなど、白熱した2時間となりました。

ほかにも、Airbnb成功の理由、海外で注目されているビジネスモデルの見つけ方、日本のカルチャーの独自性など、役立つ実例や参考になるサイトの使い方を示してくださいました。

今後も仕事旅行社代表・田中イチオシ、大注目の仕事人たちのもとへ訪問できる
「東京仕事散歩」が続々開催予定です。
少人数でとことん話し合える環境だからこそ、同じような志を持つ仲間もできるかもしれません。
社会人も参加しやすい平日夜の開催ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

【東京仕事散歩の体験はこちら】
東京仕事散歩
仕事旅行ニュウス: 2015年12月10日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年夏の新ゼミ生>募集中!2019年7月~9月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP