2016年12月17日更新

“映画派女優” 小山田サユリ「仕事」を語るー自分を解放できる自由な現場は、厳しくも心地いいー

様々なジャンルで、世の中が面白くなるような仕事をしている方々が、その人の「仕事を語る」ロングインタビューシリーズ。今回のゲストは小山田サユリさんです。

様々な映画の現場でキャリアを積んだのち、留学のため渡米。その後アメリカに拠点を移して、コマーシャルでレディ・ガガと共演したり、今年話題になった映画「女が眠る時」(監督:ウェイン・ワン)に出演したりと、女優としての幅をさらに広げつつある小山田さん。

そんな小山田さんに「演じる」という仕事の面白さや厳しさ、映画界における日本とアメリカでの働き方の違いなど聞いてみました。

聞き手:河尻亨一(銀河ライター/仕事旅行社・キュレーター)

NYのアクタースクールはすべてが新鮮だった


——小山田さんは、いまはロサンゼルス住みだそうですね。

小山田サユリ氏(以下、小山...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

ロングインタビュー: 2016年12月17日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
自分の好きなことにチャレンジしてほしい。倉敷でもっとも歴史あるレトロ港町で”天職”を見つける
地場産業と「若者」の"伴走者"として全力で走る。ホンキの「人づくり」を志す人はG-netの門を叩け

Follow Me!


PAGE TOP