2016年12月26日更新

田中翼の「あの人の仕事場に行ってみた日記」vol.3ー文系フリーランス! 黒田悠介さんの働き方はまるでボブ・ディランだ

一般的に石の上にも3年と言われるように、日本社会においては、転職回数が多いことは、あまり好意的にとらえられない。下手すると可能性を広げるどころか、狭めてしまうことだって起こり得る。

今回紹介するのは「フリーランス」の黒田悠介さん。大学卒業後の10年足らずの社会人生活の中で、4回も転職を果たしている。しかも、そのうち2回は完全なる異業種への転向。にもかかわらず、現在幅広い業務を手掛けている。

黒田さんの働き方の自在さは下記のプロフィールにも表れている。

元ITベンチャー社長がフリーランスに転身。デザインもプログラミングもできないフリーランスは食べていけるのでしょうか? 日本のキャリアの多様性を高めるため自分で実験しています。価値観や生き方と同じくらい、働き方にも多様性があってもいいはず。肩書は新規事業ディスカッションパートナー(NBDP)。対応業務は他にもパーソナル起業ト...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2016年12月26日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 
【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

Follow Me!


PAGE TOP