2016年11月21日更新

鯨本あつこのシゴト旅 vol.1ーリトケイができるまでー

『離島経済新聞』(愛称:リトケイ)というメディアがあります。日本に400以上もある有人離島の様々な情報を、そこで暮らす人にフォーカスしながら発信を続けているウェブ&タブロイド紙。

2010年にこのメディアを立ち上げた鯨本あつこさんは、イラストレーターを目指して上京、自分にとっての「うれしい」を探しているうちに、なぜだか編集者になり、ついには会社まで作ることになってしまったそうです。

「リトケイ」はなぜ誕生したのか? どんな風に仕事をしてきたのか? 鯨本さん自身がこれまでの職業体験を振り返ることで、「働くってなんだろう?」を考える新連載です。

職業は編集者。社長、イラストレーター、母、妻といった仕事もしている


私の主な肩書きは、NPO法人離島経済新聞社(以後、リトケイ)の統括編集長で、小さな制作会社の社長、事業やメディア...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2016年11月21日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
事業内容にこだわりなし。成長期のまちおこしベンチャーで地方再生を担う(滞在費無料)
銀座のBAR THE HAMILTONで、オーセンティックバーのすべてを学びながら働く

Follow Me!


PAGE TOP