2016年11月16日更新

古くて新しい「音楽体験」をカセットテープで売るースキマな仕事から見える世界vol.11ー

今日(11月16日)は「録音文化の日」。「日本で初めて蓄音機を使って、録音・再生実験が行われた日」とのこと。1878年(明治11年)との話ですから、ずいぶん昔ですね。

ところでみなさん、2016年現在、音は何で聞いてますか(ライブ以外)。スマホ? mp3なプレイヤー? 頑なにCD派という人もいるかもしれません。そう言えばMDってどうなっちゃったんでしょう…?

いずれにせよ、ネット経由のデータ視聴はたった十数年で思いっきり社会に浸透、映像だけでなく音楽の楽しみ方も激変しました。この秋ついに日本上陸を果たした「spotify(スポティファイ)」のような音楽ストリーミングサービスも人気です。

しかし、いくら音質がクリアとはいえ、mp3系データのデジっとした“聴き触り”が「どうも好きになれなくて…」という人は老若男女を問わず意外に多いようで、若い世代でもアナログの音を愛好する人がじわっと増えてもい...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2016年11月16日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
一人ひとりの個性が集まって面白い、そんな社会がいい
別れの悲しみを和らげ、美しく、その人らしく故人を送る「納棺師」になりませんか【短期研修から】

Follow Me!


PAGE TOP