2016年11月05日更新

縁起よし。伝統フォントをいまに伝える江戸文字職人ースキマな仕事から見える世界vol.10ー

服を買いたい、美容院に行きたい、ランチをしたい・・・特に行くお店を決めていないとき、お店の看板やチラシを見て「おっ、行ってみようかな」と引き寄せられるように入ることはありませんか?

お客を呼ぶ工夫について頭を捻るのは、いまも昔も同じこと。江戸時代もそうでした。

しかし、まだ現代のような印刷技術や写真がない時代のこと。看板などで客寄せに力を発揮したのは文字(フォント)でした。「江戸文字」と呼ばれる独特の看板文字が生まれ、人々の目を引いていたようです。

「笑点」のタイトルも江戸文字


ひと口に「江戸文字」といっても様々な種類があり、現在もその技法(書き方)を引き継いでいる職人さんたちがいます。歌舞伎や相撲、寄席などで江戸文字を目にする機会もありますから、意外と馴染み深い存在です。

例えば、歌舞伎の看板や相撲の番付で使われている江戸文字は「芝居文字」。通称「勘亭...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2016年11月05日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP