2016年08月17日更新

猛暑のなか働く"着帽ワーカー"たちに髪をケアする特別手当を

お盆休みも明けましたが、まだまだ厳しい残暑が続きますね。帽子や日傘が欠かせない日々です。

日本国内では、日常的に帽子をかぶる人が約2000万人とも言われています。スポーツはもちろん、帽子は仕事シーンでも大活躍。飲食店や製造業などの現場、駅員や警察官など、帽子がマストな職業はたくさんありますね。

しかし、世間の"着帽ワーカー”たちには一抹の不安もあるのではないでしょうか? 特にこの猛暑の季節。「蒸れが頭皮や髪にダメージを与えているのでは?」と。

実際、運動30分後の帽子内の湿度はなんと80%にもなるという実験データもあるようです(気温30℃の場合。帽子内環境研究所調べ)

そのリスクに着目し、働く帽子ユーザーに向けたプロジェクトを続々と打ち出しているのが、ユニリーバの頭皮ケアブランド「CLEAR」です。

第1弾は「着帽手当」。その後8月10日(ハットの日)には第2弾として「ヘアラート」なるア...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年08月17日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
目指すは、ワクワク金型職人。「好き」と「こだわり」を大切に。
事業内容にこだわりなし。成長期のまちおこしベンチャーで地方再生を担う(滞在費無料)

Follow Me!


PAGE TOP