2016年04月05日更新

農家に滞在しながら無料で農業体験。人手不足に悩む生産者と畑仕事にふれたい人をつなぐサービス「農ホリ」

株式会社Educoが、農家と農業をしてみたい人のマッチングサービス「農ホリ」を開始。ネーミングは“農業ワーキングホリデイ”を略したもののようです。

「農ホリ」サイト(※記事トップ画像も同サイトより)

このサービスでは、農業体験をしてみたいユーザーが現地で農作業のお手伝いをすることで、作業料金の代わりに農家より宿泊場所と食事を提供されます。

農家はユーザーの滞在日数に応じて運営会社に料金を支払うシステムです(ユーザーの参加費は無料。交通費は実費負担)。

農家には人手が足りていないが、関心を持つ人は増えている


サービスローンチの背景には、農家の抱える「人手不足」の課題があるとのこと。「農ホリ」のプレスリリースでは、日本の農業の現状について次のように説明しています。

「農業は天候リスク、病気...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年04月05日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
職人と共に世界にひとつの壁を創り出す「左官の指揮者」、左官ディレクターになってみませんか?
引っ越しのジョーシキを覆す革命児求む!ポジションは「社長の右腕」

Follow Me!


PAGE TOP