おためし転職について
「人生100年」と言われる時代。給料だけじゃなく、出世でもなく、本当にやりたいことを仕事にしようと職探しをすることも当たり前の時代に。
とはいえ、一度就職した後に転職となるとハードルがあるのもまた事実。どうやればやりたい仕事に出会えるのか分からないという声もよく聞きます。
仕事旅行はそういった方々に「新たな仕事との出会いの場」をご提供したい。まずはおためし転職として仕事を体験してみることで、自分を活かせる仕事なら転職への道が拓けます。本当に”やりたい“仕事との出会いは「おためし転職」から。

特徴

職業体験(おためし転職)から始める転職
職業体験(おためし転職)から始める転職
HPで伝えられる仕事の魅力はごく一部。一緒に働く仲間、職場の環境、仕事の醍醐味。百聞は一見に如かず。職業体験で仕事の「やりがい」を体感しよう。
社長の想いに直に触れる
社長の想いに直に触れる
おためし転職期間のどこかに社長や経営層との交流を設定。彼、彼女たちの描く未来とは、会社の在り方とは、仕事に対する想いを直接聞いてみよう。
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でも参加しやすいように、多くのおためし転職は1日のみ。それ以外でもおためし転職回数・日程は選択可。現職を離れる前に、小さな一歩を踏み出そう。

サービスの流れ

まずは会員登録。登録・おためし転職への参加は無料
参加するには会員登録が必要です。サイト上部の新規登録ページより必要情報をご記入、個人アカウントを作成の上、希望する職場にお申し込みをしてください。
書類審査→職場とのやり取りをへて体験日時決定
書類審査に通過すると、職場からレスポンスがあります。仕事旅行のマイページ内で先方とやり取りをしながら、スケジュールなどの詳細を調整してください。
おためし転職実施。期間や頻度は相談可能。
希望する職場でのおためし転職に参加します。参加日数はおためし転職先と交渉可能です。
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職について
募集職種:居酒屋店主  越  富山

地元の若者集う居酒屋「越」を任せられる正直モンに会いたい。まずは1日一緒に仕事して1杯やろうや

企業情報

富山県入善町にある地元の若者が集まる居酒屋。あいの風とやま鉄道線「入善駅」から徒歩4分。
古民家をリニューアルした建物で、手作りのオブジェや食器が並ぶなど、こだわりを感じる居酒屋。
地図を表示

こんな人と一緒に働きたい

・飲食店での業務経験がある人(一から学びたい人も本気ならOK)
・経営視点やビジネスアイデアのある人
・正直な人

仕事内容

居酒屋「越(こし)」は地元の若者が集える大切な場所

「若者が集まることのできる場所が少ない」

地方にIターン・Uターンした人たちが口にするのは、そんな言葉です。「町に若者がいない」という話は、そもそも「若者が集まる場所がない」から外に出ていってしまう構図があるとか。

入善町も同じ状況があるようです。そんななか居酒屋「越」を営みながら、地域の若者が集まる場をつくっているのが、米沢元さんです。

元々は、米沢さんの母・越路さんが、民家を改修して立ち上げたお店でした。一度足を踏み入れるとアッと驚く異空間、陶芸家でもある越路さんが焼いた器に、大きなピザ釜などが特徴となっています。

越路さんが実家の旅館経営をすることになり、米沢さんが「越」を引き継ぐことになりました。2代目「越」として10年近くやってきましたが、今度はその旅館が盛況となり、その手伝いをし始めた米沢さんは、二足のわらじを履きながら、「越」を経営しています。

旅館が忙しいときには、自身がお店に出れないために営業日に支障が出るなど、経営方法に課題が出てきました。アルバイトスタッフもいますが、すべての業務を任せられるほどの教育時間もつくれないという現状です。

そこで「新たな越の経営スタイルを考えていきたい」と米沢さんは考えています。個人店であるからこその素早い変化と、地域ならではのコミュニケーションができるお店づくりが求められます。

越では、お店の後継者候補を募集中。経営視点を持ちながら働ける人を求めています。

「仕事あっての生活」ではなく「生活あっての仕事」

米沢さんが「越」を継いだのは、25歳のときでした。それまでは地元の入善町を離れ、高校3年間をニュージーランド留学していたことも。その後は、大阪で三味線の師匠に学びながらも、造園、工場などさまざま仕事に携わっていたそうです。

都会に住むなかで、米沢さんの心中には「お金のために、ただ働いてしまっている」という感覚がありました。

「『何のために仕事しているんだろう』というのを考えたんです。たとえば、飲食店を経営するとき、都会だと売上はそれなりに上がるかもしれませんが、そこから家賃や材料費、人件費などを引いてみたら、手元に残るお金ってどうなんでしょう。実は、売上がそこまでいかない地方のお店と変わらないことってありますよね。それなら、地元でやれるほうがいいなと思ったのは正直あります」

仕事があって生活があるのではなく、生活があって仕事がある。そう考える米沢さん。また、都会での素っ気ないコミュケーションにも違和感があったそうです。

「都会と違って田舎だと、新規のお客さんはあまりいません。リピーターばかりなんですよね。だから顔を知ってるのはもちろん、挨拶一つとっても、大事なことです。それって『コミュニティを知る』ってことで、もちろん大変なこともありますけど、人と人との関係性としては自然ですよね」

地元が入善町であり、経営者である母親の背中を眺めて育ったのもあるのでしょう。そういった人との距離感に対する意識は強かった米沢さん。「自分が望んでいない場所に"ただいる"のは、自分をごまかすこと」。都会での違和感を抱え始めていたタイミングで、お店を引き継ぐ話が舞い込んできたのが転機となりました。

地域密着の居酒屋で嘘やごまかしのない働き方を

お店を引き継ぐなか、米沢さんには経営のノウハウもなかったため、スタート時は課題に追われました。最初は、失敗も多かったと言います。しかし「失敗は冒険だ」と考え、お客さんの小さな反応を見逃さないよう、一歩一歩お店づくりを進めてきました。

すると、自分が都会で向き合ってきた仕事や働き方との違いや、地元でやるからこその魅力に気づきます。

個人商店だからこそ、個の想い・考えが反映されやすいこと。また都会に比べると、人が多くないからこそ、口コミの影響力も大きくなること。お店を自分でつくるということは、自分の働き方を見直し、調整することにつながるということ、を。

「大阪に住んでいたときの、自分の働き方の違和感に対する一つの答えではないですけど、経営者として自分で決めないといけないものが増えた分、休みの調整もしやすくなりました。ぼちぼちと、自分のペースでやれるのはいいです。だって、本の一冊も読めないくらいの生活は嫌ですしね」

自分のしたい働き方と仕事がうまくリンクするように、経営方法を考えていく。そのなかで、最低限の売上げを確保しながらも、地域の人が気兼ねなく集まれる場であることなど、バランス感覚が大事だと米沢さんは話します。

現在、居酒屋だけではなく、実家の旅館を手伝うようになり、米沢さんの働き方もまた変わりつつあります。だからこそ、「越」には、新たな人材が新たな経営方法が必要となっています。米沢さんの代わりに営業をサポートするだけではく、新たな視点でお店のあり方も一緒に考える、右腕やお店を回せる人が求められます。

「技術なんてのは、後からいくらでも学べます。嘘のないサービスが大切なので、自分も他人もごまかすことない正直な人であれば、この仕事には向いていると思いますよ。美味しいかどうかよりも先にお客さんは“その人”を見ちゃいますしね。こういう地方でやるからこそ、よけい誠実な人の方が向いていると思います」

店の歴史は残せるかたちで、お店の新しいコンセプトやメニューづくり、オペレーションなど考えることも盛りだくさん。個人店だからこそ自分の声が響きやすく、25,000人の町でやるからこそチャレンジの結果も目に見えるかたちで実感できます。まだまだ伸びる余白のある「越」で、まずは1日働いてみて、地元の方々と飲んでみてください。

おためし転職情報

募集する職種

居酒屋店主

おためし転職期間 1日(13:00~18:00)
※インターン実施日は、応募後にお互いのスケジュールを考慮しながら調整いたします。
給与 無し
任せたい仕事 「越」で働く雰囲気をつかむこと
・店長、お客さんとのコミュニケーション
・職場の情報共有(歴史・特徴など)
・簡単な仕込みの手伝い
・飲食体験
こんな人と働きたい ・飲食店での業務経験がある人(一から学びたい人も本気ならOK)
・経営視点やビジネスアイデアのある人
・正直な人
必須スキル 無し
歓迎スキル 正直であること
採用までの流れ (書類審査)→(インターン)
おためし転職参加後は? (興味のある方は)米沢さんと事業承継を前提にお話しを詰めていきます。
※行政のサポートあり
 ①起業や新分野進出を支援する実践塾
 ②融資や補助金等の資金支援  など
場所 富山県下新川郡入善町入膳7648-5
地図を表示

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP