真摯な手仕事でお客様のイメージを形にしていく、左官職人。

この会社に興味がある
ボタンを押した後の流れを確認する

原田左官工業所

大型店舗内装から一般住宅まで幅広く手がけており、特に店舗内装に関しては絶対の自信を持っています。 土間のスペシャリストから漆喰仕上げのスペシャリスト等の多彩な人材が在籍しており、オリジナリティに溢れるパターンや施工方法を総合的にご提案します。
地図を表示
ジャングルジム型 こんな人と一緒に働きたい
原田左官が求める人材を表すキーワードとして、「自ら考え行動する」事が上げられます。

原田左官では「時間通りに来て、言われた事をこなす」だけでは見習い期間を終了することはできません。

1.自ら考える
2.向上心を常に持ち続ける
3.現場を無事に納めるために何をすれば良いかを考える。

以上3点を理解して、それら実行、実践できて初めて見習い期間の終了となります。もちろん、見習い期間が終了したからと言って終わりではありません。むしろ左官職人としてのスタートラインにはじめて立てたと言えます。職人である以上は生涯勉強です。その点をご理解ください。

人の手が、壁を仕上げる。

古くは平安時代。法隆寺をはじめとした歴史建造物にも、漆喰の壁が使われていました。職人が心を込めて塗り重ねてゆく手塗りの壁は、既製品の壁紙とはまったく違う表情を見せます。

原田左官工業所は、そんな「手仕事」を今に残す職人集団です。機械化が進む世の中でも、人の手だからこそ生み出せるものを信じて。

「手塗りの壁」というと和のイメージがあるかもしれませんが、その用途はかなり幅広いものです。例えば、東京スカイツリーに隣接する東京ソラマチや、3月にオープンしたばかりの東急プラザ銀座などの商業施設、レストランなどの飲食店にも私たちが手がけた壁が使われています。

壁紙と比べると、費用も時間もかかります。ですが、手塗りの壁にはそれだけの価値がある。手仕事を追求していきたい方にとっては、この上ない環境だと思います。

お客様と、仲間と、対話が欠かせない。

コツコツ、黙々と壁に向かう…。左官職人にはそんなイメージがあるかもしれませんが、実際の現場では、意外にもコミュニケーションが重要です。

まずは、仲間とのコミュニケーション。現場へは2〜3人のチームを組んで向かいます。材料を練る、塗る、模様を付ける、などと役割が分かれているので、しっかりと話し合い、互いの息を合わせる必要があるのです。

そして、お客様とのコミュニケーション。頭の中に出来上がりのイメージがあっても、それをうまく言葉で伝えられる人ばかりではありません。例えば、「自然なかんじで仕上げて」と言われたとしても、自分とお客様とのイメージが一致しているとは限りません。お客様の考えているイメージを引き出し、汲み取り、共有するところから、職人の仕事は始まっています。

最後の段階が、「塗り」です。イメージを形にするというのは、簡単なことではありません。だからこそ、「イメージ通りだよ!」というお客様の一言が、たまらなくうれしいのです。

現場の雰囲気を肌で感じる4日間。

おためし転職の期間は4日間。まずは土壁や漆喰などの材料を使って、「塗り」の体験から。思った以上に難しくて戸惑うかもしれません。

そして、施工中の店舗や住宅へ行き、実際の工事現場を体感してください。どんなふうに建築が進んでいくのか、
職人たちはどんなふうに仕事を進めていくのか…。すべてありのままをお見せします。周りの職人たちには、ぜひ率直な質問をぶつけてみてください。仕事の楽しさ、大変さ、誇り…何でもお答えします。

左官職人が一人前になるには、10年以上かかるといわれています。それでも、焦らず、腐らず、驕らず、コツコツ努力を続けていく人を、私たちは全力で支えます。「手仕事」に想いを込められる方を、お待ちしています。

求人情報

募集形態 短期インターン
募集する職種

・左官

・タイル工見習い

給与 (インターン時)
無給
(見習い採用時)
スキル・経験に応じて決定します
任せたい仕事 (1日目)
1日目は顔合わせも兼ねて「左官職人になる旅」にご参加ください。
※旅の内容はこちらから、ご確認ください。

(2日目・3日目)
2日目、3日目は、おためし社員として、スタッフと一緒に実際の業務をお手伝いいただきます。

(4日目)
4日目も、おためし社員として、スタッフと一緒に実際の業務をお手伝いいただきます。

時間が合えば、終了後に懇親会にご参加ください。
こんな人と働きたい 原田左官が求める人材を表すキーワードとして、「自ら考え行動する」事が上げられます。

原田左官では「時間通りに来て、言われた事をこなす」だけでは見習い期間を終了することはできません。

1.自ら考える
2.向上心を常に持ち続ける
3.現場を無事に納めるために何をすれば良いかを考える。

以上3点を理解して、それら実行、実践できて初めて見習い期間の終了となります。もちろん、見習い期間が終了したからと言って終わりではありません。むしろ左官職人としてのスタートラインにはじめて立てたと言えます。職人である以上は生涯勉強です。その点をご理解ください。
インターン期間 4日間
※要望によって変更可能です。
就業時間 8:00〜17:00(現場にて 都合により変更になることもあります。)
採用までの流れ (書類審査)→(面談)→(おとなのインターン)→(正社員採用)
インターン参加後は? 見習い採用の可能性あり
場所 都内・関東各所。現場によって異なりますが朝は本社(東京都文京区千駄木)に集合します。
地図を表示
参加費用 30,000円
※顔合わせ後、正式に参加が決定した時点でお支払いいただきます。
この会社に興味がある
ボタンを押した後の流れを確認する

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
インターンから始める新しいキャリア。
「おとなのインターン」

Follow Me!


PAGE TOP