ツクルバの考える「場の発明」とは?カウカモで、「1点もの」の住まいを売れるカモ?

この会社に興味がある

株式会社ツクルバ

「人と人、人と情報が交錯する「場」をつくりたい」という想いから社名を「ツクルバ」と名付けました。建築・不動産・テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいます。

リノベーション物件特化のオンラインマーケットcowcamo(カウカモ)事業、シェアードワークプレイスco-ba(コーバ)事業をはじめ、空間デザインや不動産開発・再生プロデュースなどを手掛けています。
地図を表示
ジャングルジム型 こんな人と一緒に働きたい
募集職種ごとに必須スキル・経験、望ましいスキル・経験があります。その前提として、弊社とのフィットを最重視しています。 特に以下の様な人柄の方と一緒に働きたいと考えています。
・ツクルバ、cowcamoのビジョンに共感して頂ける方
・住まい、ライフスタイル提案に関心がある方
・DIYが好きな方(中古住宅を扱うため、自身の知見・経験からリノベーションの提案等ができるとなお良いです)
・新規事業フェーズのサービスを力強く創り上げるエネルギーのある方

場づくりのプロ集団と共に、理想の場を生み出す

「場づくり」や「コミュニティデザイン」といったワードに注目してきた方なら、ツクルバの作った「場」を知る人も多いのでは。シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」は全国各地に広がり、いまやコワーキングスペースの代名詞的存在になりました。
2011年8月、創業者の村上浩輝(CEO)・中村真広(CCO)によってスタートしたツクルバ。「人と人、人と情報が交錯する「場」をつくりたい」という想いからつけられた社名です。
「co-ba(コーバ)」に続き、パーティクリエーションサービス「hacocoro(ハココロ)」、空間プロデュース・デザインに関する専門組織「tsukuruba design」を展開してきました。さらには実空間に限らず、リノベーション住宅特化のオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」が生まれました。
日本の住宅・物件は飽和状態と言われるいま、既存物件をどう使うのかは、いかなる分野においてもカギとなります。そこにいち早く目を付けたツクルバ。建築・不動産・テクノロジーを融合によって目指すのは、「事業の発展を通じて社会に貢献する」ということ。
今回のおとなのインターンでは「場」の開発者として、法人営業にのぞんでいただきます。人が集い、暮らし、働く場。「こうだったらいいな」という理想の未来を実現する、そんな場を生み出すのは「あなた」です。

ツクルバ流、場の創り方「建築 × 不動産 × テクノロジー」

ツクルバがミッションに掲げている「場の発明」という言葉には、独自の定義があるといいます。
住まいや人が集まる場所、働く場所などの リアルな実空間の“場”をプロデュースすることはもちろん、 インターネット上で、人と情報が集まる情報空間も “場”。それらを世に生み出し、普及させ、なくてはならないほど生活に取り入れられた未来。それがツクルバの考える「場の発明」なのです。
全国にあふれる不動産は、リノベーションによる「使い方の変化」でさらなる価値を生み出します。では建築が介入すれば、それでいいのでしょうか?
いいえ、そこに「建築 × 不動産 × テクノロジー」の三つの融合でサービスを仕掛けるのがツクルバです。
建築出身で空間設計とデザインを得意とする村上氏、そして不動産デベロッパー・不動産系の大手インターネット企業でのキャリアを持つ中村氏の二人が生み出す"場"。
ツクルバが提供する“場”とは、人と人が出会う”場”。人と情報が混ざり合う”場”。想いとビジネスが出会い、結び目になる”場”です。そんなチカラをもつ「場」を、ツクルバは社会に発信しつづけていきます。

共創型ワークスタイルで、理想となる「場」を世の中に

ツクルバというチームは、事業プロデュース・広告クリエイティブ・不動産流通・イベントプランニング・そしてIT領域のエンジニアリングに至るまで、多様な職能のメンバーで構成されています。
それぞれが自分の「色」を持ちながら、所属を超えて混ざり合い、「新たな色」を生み出す共創型ワークスタイルを実践。ツクルバにとって会社とは、「場の発明を通じて、欲しい未来をつくる」というミッションを共有しているコミュニティそのものであり、社員とはそのコミュニティの文化を共に生み出すメンバーなのです。
リノベーション住宅のプロフェッショナルとして、お客様のサポートするのが営業の役割。 実際に物件をご案内し、まだ言葉にならない理想の働き方像からニーズを整理、ローン等のお金のアドバイスも行います。
おとなのインターンの2日間では、ツクルバというチームの一員として、法人営業の業務を体験して頂きます。まずは私たちの考える「場」についてお話しします。その後、場の開発や活用を検討している企業にアポイントを取り、打ち合わせ、不動産や空間の視察、企画などを体験。私たちがいつも行っている一連の仕事を2日間に凝縮してお伝えします。場づくりとは何か、その考え方から仕組み、ワークスタイルまで、ツクルバのことを知っていただけるでしょう。

求人情報

募集形態 短期インターン
募集する職種

・不動産売買仲介営業

給与 (インターン時)
無給
(正社員採用時)
スキル・経験に応じて決定します
任せたい仕事 カウカモのエージェントはリノベーション住宅のプロフェッショナルとして、お客様に物件をご案内し、まだ言葉にならない理想像からニーズを整理、ローン等のお金のアドバイスも行います。おとなのインターンでは、エージェントの内見現場に同行、未掲載物件の取材・記事作成など、カウカモのサービスづくりの現場での幅広いお仕事を体験していただきます。

1日目 実際の物件を見学し、取材・記事を作成してみる
① ツクルバオフィス集合、オリエンテーション
② 内見現場同行:実際の物件を見学し、取材・撮影を行い、記事の情報収集を行います。
③ 記事執筆:内見した物件の情報をもとに、記事の作成を行います。
 タイトル決めや記事に適した写真をセレクトする作業も重要です。

_______________

2日目 魅せる記事を作ろう!
① ツクルバオフィス集合、オリエンテーション
②-A メンタリング:1日目に書いた記事に対し、先輩からアドバイスをもらいます
②-B 取材:この日に取材が入っていた場合は、再度同行していただく可能性もあります。
③ 記事作成:1日目に書いた記事をもとに、修正内容を反映しつつブラシュアップを行います。
 もしくは作成の一部をお手伝いしていただきます。
④体験の振返り:2日間の体験でどういう感想を持ったか? 意見交換します。

※1日の受け入れ人数は2名までとさせていただきます。
※1日の体験の所要時間は10:00~14:00で3~4時間程度を想定。
(2日間両日とも。ランチ休憩1時間あり)
※1日目は11:00~15:00、12:00~16:00に調整も可能です。
※1日目のみの参加も可能です。
こんな人と働きたい 募集職種ごとに必須スキル・経験、望ましいスキル・経験があります。その前提として、弊社とのフィットを最重視しています。 特に以下の様な人柄の方と一緒に働きたいと考えています。
・ツクルバ、cowcamoのビジョンに共感して頂ける方
・住まい、ライフスタイル提案に関心がある方
・DIYが好きな方(中古住宅を扱うため、自身の知見・経験からリノベーションの提案等ができるとなお良いです)
・新規事業フェーズのサービスを力強く創り上げるエネルギーのある方
必須スキル 特になし
歓迎スキル 法人営業経験があればなお良し
はじめての方もご相談ください
インターン期間 2日間
就業時間 10:00~19:00
休日・その他制度 エージェント:火水休み / その他職種:土日祝休み 制度:2駅ルール(家賃補助制度)セミナー参加費補助制度、フリーランチ制度、図書購入費補助制度、社員旅行等
採用までの流れ (顔合わせ)→(おとなのインターン)→(応募)→(書類選考)→(面接)→(採用)
※顔合わせ後に「おとなのインターン」するしないを判断して大丈夫です。
まずはお気軽にご応募ください。
インターン参加後は? 正社員採用の可能性あり
場所 東京都目黒区
地図を表示
この会社に興味がある

友達にシェアしよう!

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
インターンから始める新しいキャリア。
「おとなのインターン」

他にもこんなインターン先が募集中です

Follow Me!


PAGE TOP