越境の学びでキャリア意識高まる。

専用サイト開設などカスタマイズも自由自在!
仕事旅行の自由研修(法人向け・短期型)

キャリアデザイン
自律型人材育成に
150以上の職場で
1日異業種体験
若手から中堅
シニア社員まで
料金は1万円~
(お一人)

特徴

「仕事旅行の自由研修」は、以下の特徴があります。
期間は1日から

1日からの越境体験が可能。現職への影響を極力減らしつつ、越境経験を得ることができます。

対象は若手〜シニア

研修対象は若手から中堅、シニア層まで。社員の越境体験を受け入れる先の年齢層も選べます。

費用は50万円〜

通常100万円を超える越境体験がリーズナブルに導入が可能。費用は初期費用を含んで、50万円程度からご利用いただけます。

利用イメージ

職業体験風景
仕事旅行

利用事例

とある企業の利用例
導入担当者の声
IT
事業

仕事に対する主体性とエンゲージメントUP

自分に合った旅先や時間、場所が選べるという点に、他のサービスにはない柔軟さを感じました。普段は接する機会のない経営者や職人の方々と交流することで、参加者の多くに「主体性や積極性を持って仕事をしなければ」という仕事に対するエンゲージメントの高まりを感じています。

福祉
事業

視野が広がった

専門性を強く求められる職業のためか「専門バカ」と揶揄されることもあります。私たち福祉事業に従事する社員は、専門性を大切に深く追求する反面、視野が狭くなりがちな環境で働いています。他の世界とご一緒する機会が著しく少ないためかを、お客様への伝え方が上から目線に聞こえてしまったり、専門用語や業界用語を無意識に用いてしまったりと“ズレ”が生じることが少なくありません。そこで、他の仕事に触れることで、視野を広げると共に自分たちの使命を改めて見出すきっかけになるのではと考えました。導入して2年目を迎え、「視野が広がった」「次の体験が楽しみ」という社員が増えました。

建築
事業

やりたい!というモチベーションが生まれた

仕事柄、新規事業開拓が求められているのですが、社員の提案のほとんどがどこかの受け売りだったり、机上の空論であったりと、いまいちなものばかり。他の仕事を体験することで、新たな事業のヒントが得られるのではと研修要素も加味して導入しました。普段関わらない業界に触れることで、新たな事業のタネが見つかっただけではなく、自らが経験したことがベースになっているため、社員の「やりたい!」というモチベーションが伝わる提案になったことに驚きました。

利用方法

ご利用方法はとってもシンプル
社員の利用方法
ポイント1
社員が専用サイトにアクセス

社員が専用サイトに
アクセス

専用サイトを開設。社員の皆様が直接サイトにアクセスします

ポイント2
体験先、希望日を記入して応募

体験先、希望日を
記入して応募

ご担当者とセレクトした体験リストから社員が好きな体験先・日時を選び応募

ポイント3
現地を訪問して体験実施

現地を訪問して
体験実施

予約完了時に届く詳細を確認し集合場所へ。では安全で、楽しい旅を

サービスの流れ

ご導入の流れ
資料請求〜ご契約まで
お問い合わせ

1.資料請求

資料請求フォームよりお問い合わせください。

打ち合わせ・ご説明

2.打ち合わせ・ご説明

担当者がサービス内容の詳細ご説明をいたします。

お試し体験(ご希望の方のみ)

3.お試し体験(ご希望の方のみ)

どのようなサービスなのかをご体験いただく「お試し仕事旅行」にご参加も可能です。

ご導入

4.ご導入

契約を経て従業員の方向けへのご案内資料など導入の準備を行います。

まずは資料請求から
ご記載いただいたメールアドレスに資料をお送りします。
お試し体験のご希望やその他のお問い合わせもお気軽にご連絡ください。

PAGE TOP