日程固定旅行
京都府
日程調整中

京瓦職人になる旅
- 京焼瓦職人になる旅 -

現在募集しておりません。

浅田製瓦工場

浅田晶久
古くから高級品と名高い「京瓦」の大きな特徴でもあり最大の魅力は、
焼成前に「磨き」をかけることで現れる独特の光沢。
しかし、その伝統技術を受け継ぐ京瓦職人も今では只一人となっています。

「難しいもんほど造るのが楽しく自分の腕を試せることにやりがいがある」
そう話す三代目・浅田晶久は、伝統だけにとらわれず
京都工芸繊維大学とのコラボなど意欲的に製作活動を現在も行っています。
プランナー:大見謝将五

こんな人にピッタリ!

ディープな京都の職人文化に触れてみたい。
最高峰の技術を間近で感じたい。
ちょっと違った京都の旅をしたいと思っている。
都会に住んでいると見かけることが少ない、瓦葺きの屋根。
どこか懐かしい雰囲気と、古い文化を感じる存在であると同時に、
昔から人々が雨風をしのぐために重宝してきたものでもあります。

今回訪れるのは、京都伏見で「京瓦」を作る、浅田製瓦工場。
「京瓦」は数ある瓦の中でも、焼く前に磨くことで独特の光沢をもつ高級品とされ
そんな京瓦を日本で唯一いまも作り続けれるのが、京瓦職人の浅田さんです。
作品は伝統的な屋根瓦や鬼瓦に留まらず、ストラップや灯籠まで多岐に渡ります。

今回の旅では、浅田さんに半日密着しながら、1000年以上も残る京瓦の魅力を知り、
自ら瓦づくりを体験することで、京都の土地と伝統の深みを感じていただきます。

◆ 旅のミドコロ!◆
京瓦の伝統技術を受け継ぎながらも、次世代に繋げる挑戦をする浅田さんの、
作品はもちろんのこと、仕事内容、仕事場、仕事に対する考え方に触れることで、
京都ならではの空気感、伝統と職人の関係性に思い馳せることでしょう。
実際に瓦づくり体験を通して、瓦屋根を見る目が驚くほどに変わること間違いなし!
続きを見る

"再現性"を求めて

唯一の京瓦職人のもう一つの顔とは?

窯元の三代目に生まれた浅田さん。大学では建築学科に進み、
設計を志しましたが、4年になる頃には、「設計士を目指す学生は多いが
京瓦職人のなり手はいない」
と考えるようになり、瓦職人の道を進みました。

卒業後は、見習いとして働き、深夜まで残っては、先輩の仕事を目に焼き付け
練習を繰り返すことで技術を習得し、30代半ば頃には、南禅寺や東寺など
歴史的建造物の修復に携わるほどに、伝承された技術を究めていきました。

しかし、他の産地では機械化が進む中で、製作行程のほぼ全てを手作業で行う
京瓦は押され気味となり、10軒近くあった窯元も次々と廃業。
今では浅田さんが、現役で作品を作る唯一の職人となりました。

もともと職人の世界では「技は見て盗め」ということが一般的でしたが
このままでは京瓦の技術が途絶えてしまう。という危機感から
大学と共同で、京瓦特有の「磨き」という技術の解析に着手。
技術をデータ化・資料化することで、万一、京瓦の伝統技術が途絶えた際にも、
再現出来る準備も行っています。職人という枠を超えて科学的視点で京瓦を捉え、
研究者としての顔も合わせ持つのが浅田さんなのです。

鬼瓦から干支瓦まで五感全てで向き合う伝統

体験するからこそ痛感する匠の技

京瓦のすべてを仕事旅行を通じて知るチャンスがあります。
見て、聞いて、触って、嗅げます(ごめんなさい食べれません…笑)

工房に到着後、先ずは浅田さん自ら、工場を案内していただきます。
京瓦を生み出して来た、昔ながらの機械や焼き釜、
見せていただく、作業道具一つ一つに、京瓦への興味がそそられる時間です。
1300年前の瓦まで保管されていて、まるで博物館にいるような感覚にも!

その後は、参加者自ら干支瓦づくりに挑戦していただきます。
好きな干支を選び、粘土をコネコネ、型にはめ込んでいきながら
浅田さんの元で、伝承されてきた最高峰の「磨き」の技術を間近でご体感ください。

また、じっくりと浅田さんにお話を伺う時間もご用意しています。
「京瓦づくりの楽しみとは?」と尋ねると、瓦が大きければ大きいほど、
作り上げたときの喜びも大きい。と穏やかな口調で語ってくれました。
その他「京瓦と陶器の共通点」や「鬼瓦の角の有無の違い」のお話など
聞けば聞くほど、京瓦と浅田さんの魅力に惹き込まれるに違いありません!

体験スケジュールおよび内容

時間行程体験内容
11:30浅田製瓦工場 着 
オリエンテーション1)自己紹介(お名前・今やっていること・参加の目的など)
2)体験の流れの説明&本日の業務説明
仕事体験(1) 1)干支瓦の作成体験
 ・自分の作る干支瓦の選択
 ・素地作り/成形
昼食休憩 1)浅田さんの働き方について
 ・大切にしている事やこだわり
2)この仕事に就いた経緯・理由
3)この仕事の醍醐味
4)今まで瓦職人(京瓦鬼師)として働き思うこと
5)質疑応答
*昼食を取りながら実施
*お弁当をお持ちいただくか、近くのスーパーで購入していただきます。
13:00仕事のレクチャー1)仕事の説明(瓦職人の基礎知識 )
 ・実際の仕事の流れ/普通の一日の流れ
 ・浅田製瓦工場について(成り立ちなど)
2)工場ツアー
 ・工場の紹介
 ・工程について(粘土づくり→素地づくり→成型→磨き→焼成)
 ・過去製作された瓦のご紹介
仕事体験(2) 1)午前中に作成した干支瓦の磨き作業
*体験終了後、後日焼き上げた後、着払いにてご自宅に郵送致します。
16:30体験のまとめ1)感想の共有&質疑応答
2)記念写真の撮影!
17:00仕事旅行終了!

*当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承下さい。
現在募集しておりません。

オススメ新着旅

このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

この旅に参加した人はこんな旅にも参加しています

体験者の声


男性 K.Yさん

受け継がれてきた伝統の技術のすばらしさを直に体験することがでた。
 浅田さんから丁寧に説明して頂き、実際に瓦制作を見たり、鬼瓦の制作途中を見ることができました。更に、当日は窯出しだったので、その様子も見ることが出来て良かったです。浅田さんもこんなタイミングの良い時はなかなかないと言っておられました。  実際に干支の作品づくりを体験しましたが、説明を受けたように手が動かず、参加した人達とワァーワァー、ガヤガヤ楽しみながら作りました。完成品が送られてくるのを楽しみにしております。  受け継がれてきた伝統の技術のすばらしさを直に体験することができ、また、浅田さんの人柄の良さにも触れられ、大変良い企画に感謝申し上げます。

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP