2019年12月11日更新

大島屋はブームに関係なく淡々とお店を続ける町の蕎麦屋さんだー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.19

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に"ずっとあるお店"にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。今回は60年続く町の蕎麦屋さん「大島屋」へ。(編集部)

うちは町の駄蕎麦屋。目玉はないし、話もないよ


谷中三崎坂とよみせ通りが交差する地点。そこには、藍染川が流れていた頃には琵琶橋という橋がかかっていたはずだ。そのあたりにある蕎麦の大島屋さん。1階が駐車場で、階段を上がって店に入ると割と広い。谷中散歩のちょっと大きめのグループには、昼食にはここを勧めた。谷根千ブームには関係なく、淡々と営業を続けている。

「うちは町の駄蕎麦屋だよ。きたって目玉商品もないし、話もないよ」と現主人が忙しく立ち働きなが...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2019年12月11日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
環境問題を解決する日本最先端のモデルを、大分でつくろう!循環型社会を実現する地域プロデューサー募集!
事業内容にこだわりなし。成長期のまちおこしベンチャーで地方再生を担う(滞在費無料)

Follow Me!


PAGE TOP