2019年04月19日更新

三崎坂のとば口にある朝日湯は谷根千に残る貴重な銭湯ー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.8

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に"ずっとあるお店"にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。今回は地域に残る数少ない銭湯「朝日湯」さんへ。(編集部)

銭湯はコミュニケーションと情報伝達の場


 私が雑誌「谷根千」を始めた35年前、地域内に銭湯は15軒あったが、現在では3軒しかない。
 関西では「風呂屋」と呼ぶそうだ。江戸の頃、湯屋こと公衆浴場ができ、町の人々の清潔を保ち、癒しと休息の場となってきた。そればかりではなく、式亭三馬の「浮世風呂」ではないが、人々のコミュニケーションと情報伝達の場でもあった。銭湯がなくなると、風呂なしアパートの人が住めなくなり、木賃アパートが壊されてマンションになり...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2019年04月19日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<20年4-6月の新ゼミ生>募集中!2020年4月~6月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP