2019年03月20日更新

哲学とものづくりの深い関係。"問い"のエンジニア、瀬尾浩二郎さんが哲学雑誌『ニューQ』を創刊した理由

最近書店で「哲学」をテーマとした本を目にすることが増えた気がします。そんな中、『ニューQ』という哲学雑誌が2018年12月に創刊されました。

この雑誌を作ったのは出版社ではなく、セオ商事というWEBサービスの企画設計などを行う制作会社です。
。セオ商事の社長であり『ニューQ』編集長の瀬尾浩二郎さんは、広告賞など数々の受賞歴を持つ著名なエンジニアでもあります。

哲学とものづくり。一見相反するイメージがありますが、どうして瀬尾さんは哲学雑誌を作ろうと思ったのでしょうか?その経緯を伺いました。


独立した瞬間、ぼんやりしてしまったんです。


ーーセオ商事として独立する前は、どんな仕事をしていたのですか?

面白法人カヤックという会社で10年...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

ロングインタビュー: 2019年03月20日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP