2019年03月18日更新

鉄道員から役者、そして寿司屋へ。すし乃池の大将の人生には花と町があるー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.6

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に"ずっとあるお店"にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。この日は穴子寿司と昆布締めの鯖寿司が目玉の「すし乃池」へ。(編集部)

知らないうちに寿司職人になっちゃった


すし乃池の大将、野池幸三さんとは35年の付き合いである。50代の野池さんと20代の終わりに出会い、一緒に歳をとったはずなのに、野池さんは90を過ぎても若々しく元気だ。相変わらず声が大きくハリがある。歌がうまい。手品ができる。何といっても花のある人だ。

「私は信州の生まれ。兄は戦死して、本当は家の跡を取らなくちゃいけないんだが、弟に託して出てきちゃった。この前、弟が死んだ時には涙が出たね。親が死...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2019年03月18日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP