2018年11月09日更新

「仕事旅行の自由研修」を研修に使ってみてどうだった? 導入した人に聞いてみた(イトーキ労働組合)

人生100年時代とAI化のビッグウェーブを受けて、多くの企業が「働き方改革」を迫られています。

残業時間の削減や、働く場所の自由化、雇用体系の流動化など職場環境改革の施策は講じられるものの、テーマの一つである「大人の学び(リカレント教育)」について具体的にどう進めていいかわからないという声も多数出ています。


労働組合の教育企画として「仕事旅行」を導入いただいた、イトーキ労働組合の加藤洋介さんに、導入の経緯や効果を振り返っていただきました。

――まずは、仕事旅行を労働組合の教育企画として導入した経緯を教えていただけますか?

加藤洋介さん(以下、加藤):過去には労働組合として会社に「教育」の必要性を提言していた時代がありました。その結果、現在は社員教育制度も整い、マネージメント研修を始め、ファシリテーション研修、交渉術研修など、さまざま...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

仕事旅行ニュウス: 2018年11月09日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
「ただつくって捨てるものづくり」はしたくない。 地球の未来を想う、ベンチャー気質な町工場。
アパレル・化粧品販売員がプロの大工に。未経験者も手に職を。いい人集う渋谷のモノづくりベンチャーで働く

Follow Me!


PAGE TOP